あなたの愛車高価買取宣言!

車買取・売却時の必要書類について

車を売却する際の必要書類は必ず必要になります。普通自動車と軽自動車で必要書類が異なってきます。

必要書類は、市役所で取得しなければならない書類ありますので、事前に確認して準備できる状態にしておくことをおすすめします。

状況によって追加書類が必要になる場合がありますので、目を通していただき書類不備で損しないようにしましょう。

それでは、必要書類についてチェックしていきましょう。

 

普通車の売却時に必要な書類とは?

一括査定などの査定を受けて、普通車の売却が決まったら必要書類を準備しましょう。

車の売却を契約するディーラーや車買取専門店の担当者から必要書類の説明を受けると思いますが、事前に準備したい方のためにご説明したいと思います。

普通車を売却する際の必要書類と準備すべきものは、下記の6つになります。場合によっては追加書類が必要となります。

  1. 自動車検査証(一般的に車検証と呼ばれ、助手席の前にあるダッシュボードの中に保管されていることが多いです。尚、法的に自動車を運転するときは車検証を車の中に保管しておかなければなりません。)
  2. 自賠責保険証明書(一般的に自賠責保険証と呼ばれています。車検証とセットで保管されている事がほとんどです)
  3. リサイクル券
  4. 印鑑登録証明書
  5. 振込口座情報
  6. 実印(自動車の売買の際に必要な譲渡証明書と委任状への押印が必要のため)

普通車を売却する際の必要書類について、それぞれどの様な書類なのかをご説明いたします。

自動車検査証(車検証)

自動車検査証(車検証)とは、国が定める(国土交通省)自動車検査(車検)に適合した際に交付される証書のことをいいます。
使用している車の詳細や所有者・使用者など、車の身分証明書のような役割を持っており、車検や各種手続きを行う上でもっとも重要な書類になります。
自動車検査証(車検証)には、2種類が存在します。

 

Aタイプ車検証(普通車)

『所有者』と『使用者』の欄があり、所有者と使用者の情報が記載されているタイプが『Aタイプ車検証』になります。
上部に『A』と記載されております。『使用者』欄に『***』の記載がある場合は、所有者と使用者は同一という意味になります。

 

Bタイプ車検証(普通車)

『所有者』欄がなく、『備考』欄にオートローン会社やなどの所有者情報の記載があるタイプが『Bタイプ車検証』になります。
上部に「B」と記載されております。
『備考』欄に記載された所有者情報は、変更があってもお手元の車検証はそのままの為、最新の情報ではない可能性があります。
手続きを行う際に、『登録識別情報』という6桁の英数字が必要になります。
手続きを行う場合は、必ず、所有者に確認を取って下さい。

 

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書とは、『自賠法第9条より』抜粋
自賠責保険契約締結に際し保険会社が契約者に交付する証明書を指します。自動車(軽自動車も含む)は、この証明書を備え付けなければ運行の用に供してはならない(自賠法第8条)。
自動車の検査、登録を受けようとする者は、行政庁に対し、自動車検査証の有効期間をカバーする保険期間のある自動車損害賠償責任保険証明書を提示しなければならない。

自賠責保険は、対人にのみ損害を補償する保険となっており、対物や運転者自身のケガは補償適用外となります。
注意点として、自賠責保険証明書を紛失した状態で自動車の運転をするのは道路交通法違反で罰金もあります。
車検は、自動車の買い替えのときに必ず必要になる書類なので早めに再発行の手続きお行ってください。

 

リサイクル券

リサイクル券とは、自動車リサイクル法で定められている「リサイクル料金」を支払ったことの証明書(預り証)になります。
リサイクル券は、廃車にするまで、車検証とともに大切に保管しましょう。原則、リサイクル券は、車購入時にリサイクル料金を支払っていただくことになります。
リサイクル料金を支払ってある車を他の人に売る場合は、次の所有者の方から、車両部分の価値金額に加えて、リサイクル料金相当額を受け取る権利がありますので
覚えておくと損しないでしょう。

 

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書とは、契約書などに捺印する印鑑が、「本当に実印なのか」ということを、地方自治体という絶対的信用を持つ第三者が証明するためのものです。
大きな金額が動く車を売買契約時や、ローンを組むときなどに必要になります。

どこで取得するか(個人の場合)?
印鑑登録証明書は、住民票のある市区町村役場へ請求します。
この際、必ず印鑑登録証(カード)を持参します。原則的には本人が請求すべきものですが、印鑑カードを持参すれば、委任状は不要で代理人による請求も可能です。
印鑑登録証明書の申請に際して必要なものは、以下の通りです。

  • 印鑑登録証(カード)
  • 手数料(ほどんとの自治体で300円~400円)
  • 代理人に委任状は不要(※ご本人の住所、氏名、性別、生年月日を申請書に記入する必要あり)。

注意点として
個人の印鑑登録証明書は、郵送による請求ができませんので、本人か代理人が市区町村役場で請求して下さい。

振込口座情報

ディーラーや車買取専門店などによって売買契約をした場合、通常は車の引き渡しと書類の受け渡しが完了した数日後に銀行口座などへの振り込みによって買取金額は支払われます。

高額車輛を売却した方は不安になる方もおられるかもしれませんが、車を買取した業者も書類の不備などがないか、査定の見落としがないかなど、契約後に確認する項目もあるため、通常は契約当日の支払い(即金)ではなく、後日の振り込みになります。

車の買取額が振り込まれる銀行口座などを準備しておきましょう。

 

実印(印鑑登録証明に登録している実印)

ディーラーや車買取専門店は、お客様の中古車を買取した後に自社に名義変更を行います。

陸運局で行う車の名義変更に必要な書類に、印鑑証明書が必要ですが、所有者本人が車を売却したかを陸運局が確認するために、下記の2つの書類に実印の押印が必要となります。

  • 譲渡証明書
  • 委任状

よくあるトラブルとして、市販されているような印鑑を実印登録している場合、間違って実印と似た印鑑を譲渡証明書や委任状に押印してしまう場合があります。間違って押印した場合は、後日に改めて書類への押印が必要となりますので、実印は事前に確認をしておきましょう。

 

状況によって必要になる書類

引越し等で「車検証」と「印鑑証明」の所有者の住所が異なる場合の追加書類

車を所有している時に、住所変更が一度だけあった場合ならば、一つ前の住所を証明するために、『住民票』があれば問題ありません。
何度も住所変更をしていた場合は、『住民票の除票』、もしくは『戸籍の附表』が必要なります。

ローン購入等で「車検証」の所有者が「ローン会社」や「ディーラ」の場合の追加書類
ローンの支払が終る、完済すると自動車は、実質的にあなたの物になるのですが、法律的にはまだ販売店やクレジット会社の持ち物になります。
お金を払い終わったからといって、自動的に自分の所有物になるということではありません。
法律的にもあなたの所有物にするには、所有者の変更手続き(名義変更)が必要になります。
これを所有権解除と言います。
所有権を持っている『ローン会社』や『ディーラ』から名義変更に必要な『委任状』、『譲渡証明』、『印鑑証明書』を提供してもらう必要があります。

注意点として
ローン完済直後に名義変更をせず、数年後乗り換えるために『委任状』、『譲渡証明』、『印鑑証明書』をもらおうと信販会社に連絡したら倒産していてもう会社が無かった例があります。
その場合は法務局などで手続きが必要になります。また別の会社に、吸収合併されていて名前が変わっていたなど、時間が経過すればするほど手続き面倒になることが予想されますのでご注意ください。

結婚・離婚等で所有者の姓が変わった場合の追加書類

車を所有している期間中に、結婚や改名によって氏名が変更されていた場合、追加で戸籍謄本という書類が必要です。
戸籍謄本は、氏名の変更などの記録が残されています。これを提出することによって、氏名の変更があったことを証明することができます。
戸籍謄本は、本籍地のある市区町村役場などで発行してもらうことができ、発行依頼をすればその日に発行してくれます。

軽自動車の売却時に必要な書類とは?

買取店などの査定を受けて、軽自動車の売却が決まったら必要書類を準備しましょう。

軽自動車を売却した際の必要書類は、普通車と異なり一般的には市役所などで取得する書類がありません。したがって、事前に準備をするというよりは、車の売買契約後にすぐに必要書類を提出できるか、紛失していないかなどを確認しておきましょう。

  1. 自動車検査証(一般的に車検証と呼ばれ、助手席の前にあるダッシュボードの中に保管されていることが多いです。尚、法的に自動車を運転するときは車検証を車の中に保管しておかなければなりません。)
  2. 自賠責保険証明書(一般的に自賠責保険証と呼ばれています。車検証とセットで保管されている事がほとんどです)
  3. リサイクル券
  4. 軽自動車納税証明書(通常は納付の領収書でも可)
  5. 振込口座情報
  6. 印鑑(認印でも可)

軽自動車を売却する際の必要書類について、それぞれの書類や普通車との違いなどをご説明いたします。

 

自動車検査証(車検証)

車検(検査)を終了し合格した軽自動車には、「自動車検査証(車検証)」が交付されます。
自動車検査証(車検証)には、次回の車検(検査)時期が記されています。

普通自動車と軽自動車の自動車検査証(車検証)の違い

普通自動車は、陸運局(国土交通省)の管轄下にある、検査場で検査を受けますが、
軽自動車の場合は、都道府県が管轄する軽自動車協会で検査が行われます。

 

自賠責保険証明書

自賠責保険証は、普通車と軽自動車は同じものになります。車検を取得する際に軽自動車検査協会で自賠責保険料を納めた際に渡される保険証となります。

 

リサイクル券

リサイクル券も、普通車と軽自動車とは同じものになります。

 

軽自動車納税証明書

軽自動車等の継続検査(車検)を受ける場合は、納税証明書が必要です。

 

振込口座情報

軽自動車を売却した際も、普通車の売却と同様に売買契約後、数日程度で銀行口座などへの振り込みにて買取金額が支払われることがほとんどです。

 

印鑑(認印)

軽自動車の名義変更や廃車手続きを行うための印鑑は、普通車とは異なり認印で可能です。

陸運局で名義変更などの手続きを行うことができるのは所有者本人と定められていますが、その手続きを委任された人は所有者本人以外にも手続きを行うことができます。認印は陸運局に提出する申請依頼書に押印が必要となります。

もし、認印が見当たらない場合は近くの100円均一などでも結構ですので購入して準備しましょう。

中古車の売却時に、必要書類がない場合どうするの?

自分が所有しているとはいえ、自動車の書類を確認するときは、車検を受けるときか、車を修理するときか、そして売却をするとき位ではないでしょうか?

したがって、買取店などに申し込んで査定してもらった後、高くでうれて喜んでいるのも束の間、必要書類が見当たらないということもあるかもしれません。

必要書類の中で紛失する可能性があるものは下記の通りとなります。

  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 自賠責保険証
  3. 納税証明書

万が一、書類を紛失してしまった場合についての対処方法をご案内いたします。

 

自動車検査用(車検証)を紛失した時の再発行

 

車検証を紛失してしまった場合は、陸運局で再発行をすることができます。

車検証の再発行のためには、理由書を陸運局へ提出します。理由書とは、なぜ車検証を紛失してしまったのかを陸運局に説明するための書類と考えてもらえれば良いと思います。

理由書に記載する必要がある内容についてご紹介します。

  • ナンバープレートの番号
  • 車台番号(車検証が無くて分からない場合は他の書類で確認するか車本体で確認必要です)
  • 車検証を失くしたと思われる場所やその状況(理由含む)

上記の3つの項目を記入して陸運局に提出します。

陸運局に理由書を提出すると、車検証の再発行が可能ですので、所有者本人が準備するか、買取専門店などの売却先に相談するようにしましょう。

 

自賠責保険証を紛失した時の再発行

 

自賠責保険証は、車検証と一緒に保管されていることがほとんどです。

しかし、車を売却するときに確認すると自賠責保険証がなくて困った経験がある方も多いのではないでしょうか?

自賠責保険証は加入している保険会社によって再発行することが可能です。再発行するためには主に2つの方法があります。

  • 加入している保険会社に連絡をして再発行の手続きをする
  • 車を購入した販売店に電話をして再発行を代行してもらう

新車ディーラーや中古車販売店から車を購入した場合は、店舗に電話をして対応してもらったほうが早いかもしれません。

その理由は、自賠責保険会社はたくさんありますが、肝心な証明書を紛失している場合、その自賠責保険会社に加入していたのか分からないことがあります。

ネットオークションなどで車を購入して、陸運局の隣接する場所で自賠責保険に加入した方で保険証を紛失している場合は、保険会社の特定が難しいので最悪手あたり次第に保険会社に電話して確認するしかありません。

 

納税証明書の再発行

納税証明書は、自動車税を支払ったことを証明する書類ですが、自動車税の納付領収書があれば代替することができます。

しかし、自動車税の納付領収書も失くしてしまった場合は、管轄の自動車税事務所で納税証明書を発行してもらうことができます。自動車税事務所は各都道府県で管轄が分かれておりますので自動車税事務所に電話をして納税証明書の発行をしてもらいましょう。

中古車の売却時に業者が用意する書類とは?

中古車を売却するときに、買取専門店などの業者が準備してもらえる書類があります。

業者が準備する書類は主に2つで、普通車においては実印の押印などが必要となります。

  • 譲渡証明書
  • 委任状

譲渡証明書と委任状のそれぞれの書類についてご説明します。

譲渡証明書とは

譲渡証明書とは、車の売買や譲渡などで自動車の所有者が変わる場合に必要な書類です。
所有者が知らない間に、名義変更されることなどがないよう、車の名義を変更する際には、
譲渡証明を作成して所有者が車の所有権の移行に同意していることを証明する必要があるからです。
譲渡証書がないと、諸々の手続きを進めることができません。
譲渡証明書には必ず印鑑登録されている実印が必要になり、印鑑証明書も忘れずに用意しましょう。

委任状とは

委任状とは、車を売る際に所有者が第三者に登録や抹消を代行してもらうために必要な書類です。
そのため所有者の実印を押印しなければならないほか、住所と名前の記載が必要になります。

まとめ

車を売却する際の必要書類についてご説明しました。
普通自動車と軽自動車で必要書類が異なってきますので注意してください。
車を売却する前に必ず事前準備をしておくことをオススメ致します。
書類に不備がないようにしましょう。

 

必要書類を紛失された方

必要書類のダウンロードはコチラから