あなたの愛車高価買取宣言!

アストンマーティンはラグジュアリーで且つ早い車として知られるイギリスの自動車メーカーです。

アストンマーティンは美しいデザインとして有名で、多くの人々はこの会社によって生産された車を真の芸術作品と見なしております。

アストンマーティンは世界的な自動車ブランドであり、尚且つイギリスのアイコンともなっています。

この会社は自動車生産の歴史とモータースポーツに対して大きく貢献してきたブランドです。

アストンマーティンというのは非常に高いステイタスとして冨と権力と力といったイメージを持っています。

そういった高ステイタスのクルマとして非常に長い歴史を持っています。

アストンマーティンは世界中でよく知られているカーブランドです。

ですが、人々がこの会社について知らないことがたくさんあります。

それらを特集しました。

ここにアストンマーティンの知られざる20の興味深い特徴があります。

これらを<全編>と<後編>に分けて特集していきたいと思います。

1、
アストンマーティンは1913年に設立されました。

1913年に設立されたアストンマーティンはイギリスの自動車業界で最も長い歴史を持っています。

同社の創設者はLionel MartinとRobert Bamfordでした。

彼らはロンドンのCallow Streetに拠点を置き、当初は「Bamford&Martin」という名前で呼ばれました。

「Bamford&Martin」は、車の生産を開始し、生産拠点としてケンジントンのHenniker Mewsで敷地を買いました。

ここで始めて「Aston Martin」と呼びました。

名前の由来としては、Martinは人の名前から来ています。

そして、Astonは場所から来ています。

アストン・ヒルというモータースポーツのイベントが行われた場所で、ライオネル・マーティンはレーシングドライバーでした。

彼らは車を生産し始めたとき、彼らはアストン・ヒルでそれらを運転していました。

彼らは1915年にアストンマーティンとして最初の車を生産しました。

2、
彼らの第二の車は1919年に生産されました

BamfordとMartinは2台目のマシンを生産するまでには長い間待っていました。

その理由は第一次世界大戦です。

彼らは第一次世界大戦が終わるまで待たなければなりませんでした。

彼らは2代目の車を設計し、このAston Martinの生産は1920年1月に始まりました。

彼らがこの車を生産した後、Robert Bamfordは同社から引退することを決めました。

3、
Louis Zebrowskiがアストンマーティンをレースで運転している際に亡くなりました

アストンマーティンはその歴史の中で多くの浮き沈みがありました。

その中でも最も沈んだのは、Louis Zebrowski伯爵の悲劇的な死でした。

アストンマーティンは1920年代にモータースポーツで健闘し続けていました。

彼らは、Louis Zebrowski伯爵の財政支援のおかげで、自動車の生産を続け、モーターレーシングのイベントに参加することができておりました。

そのおかげでアストンマーティンはルマンレースとヨーロッパのグランプリイベントに参加することができました。

その中でも特に、ルマンレースとヨーロッパのグランプリイベントに出場することに強い関心を示していました。

そんな中、1924年にイタリアGPで悲劇が起こりました。

Louis Zebrowski伯爵がレースの際に事故を起こし亡くなってしまいました。

一人の人を失ってしまったという悲しい喪失感に加えて、アストンマーティンにとって財政的な意味合いを持っていました。

財政支援をしてくれていた大切な人を失ったのです。

そして事故の後、アストンマーティンは破産しました。

4、
Augustus Bertelliは1926年と1937年の間に画期的な車を設計しました

1926年、Charnwood LadyとAugustus BertelliとBill Renwickがアストンマーティンの経営や開発の主軸を担いました。

Bertelliはテクニカルディレクターであっただけでなく、自動車のデザイナーでもありました。

1926年と1937年の間に関しては全てのアストンマーティンはBertelliによって設計されました。

この時代に生産された車は、Bertelli車として知られるようになりました。

彼がデザインしたモデルには ‘International’、 ‘MKII’、 ‘Ulster’、 ‘Speed Model’、 ‘Le Mans’、 ‘T-Type’などがあります。

5、
クラウド・ヒルはアストン・マーティン・アトムを設計しました

1939年、アストン・マーティンはアストン・マーティン・アトムをリリースしました。

こちらのお車は当時のリード・エンジニアだったClaud Hillによって設計されました。

アストンマーティンは1940年のロンドンモーターショーでこのモデルを発表しました。

良い反応にもかかわらず、このモデルの販売はうまくいきませんでした。

いい車を作ったにもかかわらず売れないという状況でした。

これはモデルの問題が原因ではありませんでした。

それは単に第二次世界大戦の結果として車の販売が一般的に低下していたということでした。

6、
David Brownは1947年にアストンマーティンを買収しました。

1947年、アストン・マーティンをデイヴィッド・ブラウン選手がGBP20,5000ポンドで買収しました。

彼はアストンマーティンを運転した後、この自動車会社を購入することを決定したと考えられています。

もともと、彼はトラクターメーカーに従事していました。

David Brownは、アストンマーティンによって生産された有名なDBモデルを担当しています。

実際、DBというのはDavid Brownの頭文字を取って名付けられたものです。

David Brownがこの自動車会社の舵取りをしていた時期は、アストンマーティンは最も成功し、利益も大きかったのです。

7、
アストンマーティンはジェームズボンドの映画として知られる007とは切っても切れない関係にあります

カーチェイスや戦闘シーンなど映画におけるエキサイティングなシーンにおいて、スポーツカーというのは非常に重要です。

一般的な映画というのはたくさんのスポーツカーが登場し、その都度運転するクルマが変わるというのが一般的です。

それに対してアストンマーティンはジェームズボンド専用のクルマと言っても過言ではないほど深い関係にあります。

ジェームズ・ボンドがアストンマーティンを運転していることはよく知られており、これらの車はほとんどの映画でシリーズのように登場しています。

ですが、以前のボンド映画の一部では、ジェームズ・ボンドはアストンマーティンを運転していませんでした。

元々はジェームズボンドのクルマはアストンマーティンではなかったのです。

ですが「ゴールドフィンガー」においてアストンマーティンは鮮烈なデビューを飾りました。

Qと共にアストンマーティンを挟んで非常にユニークな会話を繰り広げるシーンが醍醐味です。

さらにアストンマーティンの改造車といった設定で、アストンマーティンに対してたくさんのガジェットをQが付けるといったパターンが適応され始めました。

それ以後はジェームズボンドのシリーズに取り入れられるようになっていきました。

アストンマーティンを特徴とする他の映画には、「Skyfall」、「女王陛下の007」、「Casino Royal」などがあります。

8、
F1で成功することのなかったアストンマーティン

ほとんどの大型車のブランドは、モータースポーツのイベントに参加しようとしています。

モータースポーツというのは、自動車メーカーにとって創造のスピードなどのクリエイティブさとスピードなどのパワーを示す良い機会なのです。

アストンマーティンはモーターレーシングサーキットでよく知られ、成功を収めたいという希望を持っていたため、この点でモータースポーツへの参戦というのは非常にあっていました。

しかし、物事は本当にうまくいきませんでした。

アストンマーティンは1959年にF1デビューし、このイベントで大きな成功を収めたいと望んでいました。

悲しいことに、彼らはこのイベントで勝つことができませんでした。

理由として、ライバル車の方がアストンマーティンを上回っていたからです。

9、
Aston DB-4は1959年に発売されました。

1959年、アストンマーティンはDB-4を発売しました。

これは当時の本当の意味でのスーパーカーであり、自動車業界で大きな脚光を浴びました。

クルマは3.7エンジンで駆動され、毎時250キロメートルの最高速度に達することができました。

それはまた、シリンダーヘッドとキャストRR50アルミニウム合金のブロックとダブルオーバーヘッドカムストレート6を持っていました。

DB-4はお伝えしましたように以前のモデルから際立っていて、優れたレーシング・ペディグリーを持つ自動車メーカーとなりました。

10、
DBシリーズのクルマはアストンマーティンの中で非常に成功し、このモデルのいくつかの異なるバージョンに至り、さまざまな修正が行われました。

これの一例はアストンマーティンDB-4 GT Zagatoでした。

彼らのエンジニアは軽量化し、クルマの性能を向上させました。

当初は、限定車シリーズで25台のクルマを生産する計画でした。

その後、DB4はさらに開発され、DB-4シリーズで製造された最後のクルマの進化であったアストンマーティンDB5の製造につながりました。

ジェームズ・ボンド映画で初めて登場し、この理由から有名かつ望ましいものになったのはDB5でした。

クルマは282馬力の4リッターエンジンを搭載しています。

これらの変更にもかかわらず、アストンマーティンは、マセラティやフェラーリなどのイタリアのブランドとまだ競合することはできませんでした。

したがって、彼らはさらにデザインを開発し、DBSとDBS Vantageを作成しました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上が<全編>になります。

引き続き<後編>をお楽しみください。

関連記事一覧