あなたの愛車高価買取宣言!

前回に引き続き、今回はアストンマーティンの20大特徴の<後編>です。

全編では1~10までを特集しました。

後編においては11~20までを特集していきたいと思います。

11、
Compnay Development Ltd. 1972年にアストンマーティンを買収

1972年はアストン・マーティン史上重要な一年でしたが、David Brownがアストンマーティンを売却しました。

そして新しいオーナーはCompany Development Ltd.となりました。

Compnay Development Ltd.がアストンマーティンを買収したとき、彼らは代々引き続けられてきたAston Martin DBモデルをすべて中止にしました。

現時点では経済危機があり、新しい経営陣はその状況に対処するために苦労していました。

アストンマーティンを買収したにもかかわらず、Compnay Development Ltd.はもうすでに売却を視野に入れていました。

この状況はアストンマーティンの中で6年間続きました。

12、
1974年から1990年の間、アストンマーティンはアストンマーティンラゴンダを生産しました。

これは、その最長モデルの1つになりました。

今までのクルマは非常にスポーツカータイプであったのですが、こちらのおクルマはかなり独特な形をしていました。

くさび形のボンネットの下に、印象的な390馬力と5.3リットルのV-8エンジンを収容しています。

この豪華な4ドアサルーンには、クライスラーの3速「トルクフリート」オートマチックトランスミッションも装備されていました。

全体的に、クルマはかなり壮観だったという印象を強く受けます。

13、
アストンマーティンは1970年代半ばから赤字に苦しみました

1970年代は、全自動車業界にとって財政的に非常に厳しい時代であったと言われています。

アストンマーティンもこの流れの中で財政難に直面していました。

アストンマーティンはこの危機に苦しんでいましたが、引き続きスポーツカーを生産していました。

1970年代には、彼らはクーペモデルのためにCabanteとVolantegeブランドにVolanteブランドを生産しました。

これらの車は5.3リットルのV8エンジンによって駆動されました。

このエンジンは390馬力であり当時は驚異的なパワーでした。

さらにこちらのアストンマーティンは米国で製造された直接噴射システムと自動ギヤボックスが備え付けられていました。

14、
フォード・モーター社は1980年代後半にアストンマーティンを買収しました。

アストンマーティンは1970年代後半に財政難に陥りました。

実際、アストンマーティンの歴史を通じて、多くの場面でオーナーが変更していきました。

これにより時には財務的なトラブルが発生することもありましたが、フォード・モーター社が1980年代後半にアストンマーティンを買収したことで、状況が変わっていきました。

アストンマーティンは1970年代からかなりの財政的圧力に直面していました。

所有権のいくつかの変更にもかかわらず、物事は改善されておらず、追加の資金が絶えず必要でした。

その結果、限られた数の高級車しか生産していませんでした。

フォード・モーター・カンパニーに引き継がれたとき、これはすべて変わりました。

引き継ぎの後、売り上げは劇的に増加し、財務状況は大きく改善しました。

1995年までに、彼らは年間100台のクルマを700台以上販売するまでに変化しました。

さらにフォードが買収してからはDBシリーズにも力が注がれることとなりました。

結果として、1993年、アストンマーティンDB-7がリリースされました。

これは強力な335馬力のV-6エンジンを搭載した壮大なツアラーカーでした。

アストンマーティンにとって新しい時代を迎えたといっても過言ではありません。。

そんなフォードでしたが、2007年にアストンマーティンを投資家のコンソーシアムに9億2500万ドルで売却しました。

15、
アストンマーティンは大量生産を採用しません

世界中のほとんどの自動車メーカーは、量産車として生産ラインを使用するように進んでいます。

アストンマーティンは、この点で他の自動車メーカーと異なる点は、可能な限りこのような生産ラインの使用を避けている点です。

実際には、彼らの一貫したビジョンというのは明確です。

彼らは自分の車を手作業で作り上げて、顧客に喜ばれるレベルの品質を達成することを誇りとしています。

ハンガーという組み立てのための機械を組立工程に使用し、自動組立を設置しないことで伝統を維持してきました。

クルマの各コンポーネントは、車の内部のステッチに至るまで、手で作られ、組み立てられます。

これらのアストンマーティンの哲学というのは、自動車業界において非常にユニークな立ち位置をもたらすだけでなく、顧客の方々に対して圧倒的な魅力を提示します。

16、
アストンマーティンは欧州の排出基準に適合していた

アストンマーティンは、ほとんどのモデルがこれらの基準を満たさないためにヨーロッパの排出基準が導入されたときに問題に直面し、これがヨーロッパの販売に影響を与えました。

アストンマーティンとしてはなんとしてもこの問題に対処し解決法を見つける必要があったので、基準を満たすためにあらゆる戦略を練りました。

その結果、対応策の一つとして個々のモデルの排出量を計算するのではなく、ラインナップ全体の排出量を計算することにしました。

全体的な排出量を減らすために、彼らはまた、世界初の超高級スーパーミニを創出することに決めました。

彼らは基本的に小さな都市の車をトヨタのiQに乗せ、アストンマーティンシグネットとして再建しました。

残念なことにアストンマーティンにとって、またアストンマーティンのファンでさえも、トヨタのOEM車に対して高い価格を支払うことを拒否したため、このクルマの販売はうまくいきませんでした。

17、
アストンマーティンのロゴは何年にもわたり何度も変更されています

アストンマーティンのロゴは即座に認識できます。

なのですが、ロゴは何年にもわたり何度も変わってきました。

アストンマーティンロゴのオリジナルバージョンは1920年に導入されました。

その後、このロゴの変種が1927年に導入され、オリジナルは削除されました。

新しいロゴは、1対の翼にアストンマーティンの名前を付けました。

このロゴはSCH Davisによってデザインされたものです。

SCH Davisは当時イギリス人に人気のあるEgyptologyのファンでした。

彼は象徴的なデザインのスカラブ・ビートルの翼を使うことを選んだ。

インスピレーションは、羽を特徴とするベントレーのロゴから得られました。

羽はスピードを表すとも考えられています。

1964年にDavid Brownがロゴに彼の名前を追加しましたが、会社が再び手をつけたときに削除されました。

現在のエンブレムは2003年以来存在しています。

それは単に象徴的な翼のシンボルのアストンマーティンの名前から成っています。

18、
アストンマーティンは映画007シリーズの「スペクター」リリースのための新しいモデルを発表しました。

前途のように、アストンマーティンとジェームズボンドシリーズの映画は長い歴史を持っています。

「スペクター」が2015年にリリースされたとき、アストンマーティンはDB9 GTボンドエディションをリリースしました。

これには、007シルバープラケット、スペクターシルバーカラー、銃身刺繍やその他多くの視覚的アップグレードが施されたリアシートデバイダーが含まれています。

米国で23万7000ドルで販売されました。

しかし、多くの潜在的な顧客は、クルマが数日で売り切れてしまったため、買うことができませんでした。

映画「スペクター」は、ジェームズ・ボンド・シリーズの24番目の映画です。

ジョン・ローガン、ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイドの共演による作品です。

脚本はイアン・フレミングを元にしています。

映画はSam Medndes氏によって指揮され、James BondをDaniel Craigが演じました。

他の出演者にはクリストフ・ワルツ、リー・セイドゥー、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリスが含まれます。

この映画は、世界中の興行収入で8億8070万ドルの収入を得ました。

したがって、この映画がアストンマーティンのクルマにさらに注目を集めたことは驚きではありません。

19、
最新のアストンマーティンは322キロメートルに達することができます。

アストンマーティンはスピードで有名で、スポーツカーを買う人を引き付ける魅力的な機能の1つです。

現代のアストンマーティンのほとんどは、322キロメートルを超える速度を達成することができます。

しかしながら、V8 Vantageに関しては、少し遅く305キロメートルの速度に達することができます。

20、
多くのセレブリティがアストンマーティンを所有しています。

アストンマーティンは超高級車なので、買うことは非常に難しいです。

アストンマーティンは冨、名声、地位といったステイタスを表す究極の夢のクルマとしても有名です。

エンターテイメント業界でトップの名前を持つ人たちの中には、アストンマーティンを誇りに思っているオーナーがいます。

アストンマーティンを購入した有名人の中には、アダム・カローラ、デビッド・ベッカム、ハル・ベリー、エディ・マーフィー、ベン・アフレック、エル・マクファーソン、スティーブン・スピルバーグなどがいます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上が<後編>になります。

以上がアストンマーティンの20大特徴です。

<全編>に引き続き<後編>をお届けしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事一覧