あなたの愛車高価買取宣言!

ジャガーはラグジュアリーブランドとして確固たる地位を築いています。

北米では「Jag-war」と発音され、イギリスでは「Jag-you-ahr」と発音されています。

イギリスの自動車メーカーです。

ブランドロゴは猫からきています。

今回はそんなジャガーに関する豆知識を20個ご紹介したいと思います。

今まで知らなったジャガーの豆知識ばかりだと思います。

それらを<全編>と<後編>に分けて記載したいと思います。

今回は<全編>を扱いたいと思います。

では早速はじめていきます。

ジャガーについて知られていない20のこと<全編>をお楽しみください。

1、ジャガーはオートバイのサイドカーメーカーとしてスタートしました

ジャガー社は1922年にオートバイのサイドカー製造事業に参入したバイク愛好者からその会社をスタートさせました。

ジャガーのスタート時のビジネスは現在のジャガーとはかけ離れたものでした。

William LyonsとWilliam WalmsleyはSwallow Sidecar Companyを設立しました。

ジャガーの歴史というのは最初はサイドカーとして始まり、その次に自動車製造に移行しました。

これは非常に稀なことではありません。

実際、今日の多くの自動車メーカーは自転車やスクーターなどの自動車以外のアイテムを作っています。

2、最初の自動車はジャガーとは別の名前で製造されました

1926年にSwallow Sidecar Compnayを設立したわずか4年後、同社の名前はSS Cars Ltd.に変更されました。

彼らは高級オートバイサイドカーを製造する事業に携わっていました。

Standard Motor CompanyのパートナーであるJohn Blakeと一緒に車の製造を始めました。

そこで誕生した記念すべき第一弾の車としてSSという名前の車があります。

そのお車は1929年のロンドンモーターショーでデビューしました。

2シーターのスポーツカーでした。

このお車を知る人はほとんどいません。

なぜならジャガーとは違う名前から出たお車だからです。

ですが、こちらのお車はとてもジャガーらしいお車でした。


3、第二弾のモデルは1935年に生産されました

SS Car Ltdによって作られた第二のモデルの名前はSS90といいます。

こちらも2シーターのスポーツカーでした。

90マイルの最高速度に達する能力があることから、SS90と命名されました。

これは1930年代半ばにおいては極めて速いお車でした。

こういったお車を生産することによってこちらの会社はとても高い評判を得るようになりました。

SS Car Ltdはその評判を維持し続けました。

SS90は一般的に非常に人気な車種となっていきました。

そしてそれはあらゆる自動車メーカーの励みとなりました。

なぜならば適切に市場ニーズをくみ上げることで適切に前進することを証明したからです。

同社は1926年以来、自動車を生産することを始めたのですが、自動車業界で慣れ始め、消費者市場が拡大する機会を見出し、より大きくてより良いものにつながることを期待して努力しました。

4、最初のSSロードスターは、1936年に最初のリアルジャガーとして登場しました

SS100はSS Cars Ltdが創設した3番目のモデルで、後にジャガーに社名変更されました。

この車は、前身であるSS90の発展形とも言えるお車なのですが、顕著な違いがありました。

それは美学です。

ジャガーのチームはこのモデルを用いて美学に焦点を当て始め、それは「最も審美的に喜ばれる」車となりました。

このお車もまた非常に高く受け入れられました。

ですが、こちらのお車は314人限定のお車であり、手に入れられた人は非常に幸運であると言えます。

こちらのお車は非常にレアです。

なぜならジャガーにとって初めてブランドマークを冠したお車となったからです。

こちらは自動車メーカーにとって非常に象徴的な出来事でした。


5、第二次世界大戦後にSS Cars Ltdはジャガー Cars Limitedに名称を変更しました

SS Cars Ltdによっては発売されたSSにとって非常に大きな問題が発生しました。

それはナチス政権です。

SSというのはナチス政権で非常に有名となり同じ名前となっています。

そういったこともありSS Cars Ltdは名前を変更せざるを得ない状況となりました。

そこで彼らはそういった印象を持たれることのないジャガーという名前に決定しました。

6、ジャガーは1945年にフラッグシップモデルとしてマークⅣを確立しました

ジャガーのマークⅣは1935年から1940年にかけて作られたSSモデルにインスパイアし製造されました。

マークⅣは1945~1949年の間に生産され、1.5リットルから3.5リットルのさまざまなエンジンサイズで提供されました。

このお車が発売された時期、自動車市場は年々と速い速度で成長し始めました。

自動車市場の拡大に伴って、このお車も売れるようになり、相乗効果をもたらしました。

こちらのお車は非常に高品質であり、ジャガーの歴史にとって非常に重要なものとなりました。


7、ジャガーは1948年に世界で最速の車を生産しました

ジャガーXK120は1948年に一般公開されました。

この車両は多くの点で画期的なモデルでした。

当時、世界中で最も速い車として世界中で広く知られていました。

ジャガーXK120というのは1940年にSS100の生産が終わってからこのブランドが生産していたスポーツモデルカーです。

このロードスターは1948年にロンドンモーターショーでデビューし、当時は新しいジャガーXKエンジンを披露したテストベッドモデルでした。

このプロトタイプは非常に好評で、同社は完全生産に着手しました。

最初のモデルは160キロの速度に達し、1950年までには最高速度193キロを誇っています。

8、クラークゲーブルはXK120の最初のオーナーでした。

試作モデルを繰り返し、ついに1949年に製造を開始しました。

生産ラインで行われた最初の例は、ある名誉ある人のために予約されていました。

その名誉ある人とはクラークゲーブルです。

お車の完成後、新しいXK120は、アメリカのハリウッドスターであるクラークゲーブルに届けられました。

こういったこともありジャガーXK120モデルは永遠に歴史に残るものとなりました。


9、ジャガーは1960年にダイムラーモーターカンパニーと合併しました

ダイムラーモーターカンパニーはイギリスにおいてとても有名な自動車メーカーでした。

ジャガーは1950年にダイムラーとの交渉に入りました。

合併合意までの間に10年間を要しました。

合併が成立してからはジャガー車の販売が増加しました。

ダイムラーは既に質の高い車両を生産するための優れた記録を確立していました。

10、ウィリアム・ライオンズの功績

ウィリアム・ライオンズはジャガー自動車ブランドの創業者の一人でした。

彼はこのブランドの成功を受けてイギリスのエリート階級へと加わりました。

ライオンズは「ミスタージャガー」と呼ばれました。

なぜならば、Swallow Sidecar Companyをジャガーに変身させたからです。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上が<全編>になります。

お楽しみいただけましたか?

引き続き<後編>をお楽しみください。

関連記事一覧