あなたの愛車高価買取宣言!

<全編>に引き続き<後編>をお届けします。
<全編>においては1~10までをお届けし、<後編>では11~20までをお届けします。
では早速この記事においてラグジュアリーブランドとして確固たる地位を築いたジャガーの知られざるエピソードを記載していきます。

 

11、ジャガーはあらゆる気候に対する耐久テストを異常に行っている

自動車メーカーが気候に対する耐久テストを行うとき、一般的には日常領域のテストだけで十分であると考えます。
ですがこの常識はジャガーには当てはまりません。
ジャガーの耐久テストはあらゆる面において革新的です。
たとえそれがとても寒い気候であっても、ジャガーはどんな状況でも対応できる非常にタフな車を作りたいと考えています。
そしてその耐久テストは完成しました。
そのテストにおいてマイナス40度の環境下であっても対応する車かどうかを計ります。
ジャガーはまさに氷の空間の中に車を入れてテストしているのです。
そのテストが終わった後、次のテストが始まります。
気温0度で突風が吹きつけるトンネルを走らせます。
さらに水を吹き付けてテストします。
こういったいくつものテストをクリアして製品として後に発売されるのです。

12、ジャガーはインテリアのレザーのクオリティに非常に気を使っています

ジャガーは高級車を生産するときに、ビジネス的な観点を忘れることはありません。

ジャガーはたった一つのレザー以外は一切受け入れません。

ジャガーはスコットランドのアンガス牛の革を使用することに強く執着しています。

ジャガーは雌牛を使うことはありません。

なぜならば、雌牛は妊娠する際に、肌にストレッチマークが形成される可能性があるからです。

13、革は特別に指定されている

皮革を選ぶプロセスは、各比較の徹底的な検査を続けながら進められています。

それは欠陥のないものでなければならず、ジャガーの革の専門家はそれぞれの部分がどこから来ているのかを慎重にチェックします。

これは、牛の首や腹からの皮膚がドアやダッシュのために特別に作られていることを確認することに特化しているからです。

さらにそれらの長所として、これらのレザーの部分が非常に柔らかいことが挙げられます。

シートの革を選ぶことになると、より丈夫でより耐久性のある部分が必要となります。

これは、背骨と動物のお尻の部分を覆う革から取られています。

頻繁な使用の下でレザーシートが確実に保持されるために慎重に部位が選定されています。

14、英国政府はブランド保護命令を出しました

英国政府は、マーガレット・サッチャーのリーダーシップのもとジャガー・カーズの保護契約を締結し、その結果として同社は外国企業に吸収されませんでした。

1984年に、英国政府は「ゴールデンシェア」と言う政策をとりました。

具体的にはJaguar Cars Ltd.の50%の株式保護措置を維持しました。

この措置は1990年まで維持されましたが、今では解除されています。

そしてこのゴールデンシェアの政策が無くなる方向に向かい始めました。

15、ジャガーは2つの外国自動車メーカーに販売されました

ほとんどの人はジャガーが2つの異なる自動車メーカーによって買収されたという事実を知りません

Jaguar Cars Ltd.は1990年に入札されました。

それはフォードでした。

アメリカ企業がジャガーを買収したことはそれほど大きな問題ではありませんでした。

フォードの経営下では、新しいジャガー部門はフォードのために利益を上げることができなかった。

フォードは、ジャガーを買収したは良いものの、結果的に利益を得られないことを認識し、2008年1月1日にインドの自動車会社Tata Motorsに買収した株式を売却した。

16、ジャガーXEのデザイナーはロックスターです。

Wayne J.Burgessは、Jaguar XEを設計した人の名前です。

あなたがハイエンドの高級スポーツカーをデザインしていない暇な時にパージェス何をしているのか疑問に思っている場合、彼は

彼はScattering Ashesというメタルバンドに明け暮れていた状況の中でこのお車をデザインしました。

もし彼らについて聞いたことがないのならこのような実例があります。

彼らはIron MaidenやBlack Sabbathと共にイベントで共演したりしているバンドです。

彼は音楽で忙しい日々の傍らジャガーの発展に貢献していました。

17、ジャガーは特別な環境下でデザインを生み出しています

ジャガーのウェイン・バージェスやその他のデザイン・エキスパートがデザインを進めるうえでその環境は非常に重要なものとなります。

もはやそのレベルはバーチャルリアリティとも呼べるほどです。

どのようにバーチャルリアリティかと言うと、映画化と同等の品質を誇る4つの4Kプロジェクターと、3つの壁と天井にそれぞれ2つのプロジェクターが完備されています。

さらに、3Dプリンタを用います。

こういったシステムを利用することで生産前にコンセプトを確立することができます。

そういったデザインを何十回も繰り返すことによりXJRのようなお車が作られるのです。

バーチャルリアリティの環境を利用し、3Dプリンターを用いて、ジャガーのデザインというのは確立されています。

18、ジャガーはとてもカッコいいSUVを作った

ジャガーが初めてF-Pace SUVを生産したとき、彼らはこれが単なるSUVではなく、特別なパフォーマンス車であるということを世界に知らしめました。

ジャガーは新しいSUVを用いて究極のテストを行いました。

それがスタントテストです。

スタントを用いて徹底的に自動車をテストしました。

そのような努力の結果とても素晴らしいSUVであるF-Paceができました。

19、ジャガーはヘビーメタルのドラマーであるNicko McBrainのために特別版XKR-Sを開発した。

もしもヘビーメタルのファンであり、グループのメンバーであるIron Maidenに精通している場合、ドラマーのNicko McBrainが誰であるか分かっていただけると思います。

彼とグループの他のメンバー全員がジャガーの大ファンです。

その中でもNickoは大胆で、明らかにカスタムXKR-Sに対する興味を示していました。

Jaguarは彼の要望を歓迎しました。

そして専用のモデルを開発しました。

この驚くべき偉業がデザイナーWayne J Burgessとの音楽関係と関係していました。

20、ジャガーはモータースポーツの中で最も強いブランドの1つとして知られています。

ジャガーは1950年代までモータースポーツの優勝候補としてその地位を確立しました。

レーシングモデルの壮大なラインナップは歴史を作り、1951~1952年のレーシングシーズンで24時間のルマンを獲得しました。

ジャガーXK-120Cでレースの成果を上げ始めました。

同年、ジャガーCタイプは、1951年から1953年まで同じレースで3年連続で優勝しました。

ジャガーは印象的なル・マンで記録したのは、1963-4シーズンにジャガーのEタイプ軽量で再びレースでの勝利を達成したからです。

ジャガーはXJR-5が1985年に浮上し、ル・マンで勝利し、1992年に再びそれをやり遂げました。

そのようにジャガーは非常に強く勝ち続けました。

まとめ

いかがでしたか?

ジャガーはこのように輝かしい自動車メーカーです。

今回はジャガー<後編>をお届けしました。

以上で<全編>と<後編>は終了になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事一覧