あなたの愛車高価買取宣言!

フェラーリはイタリアのモデナ県マラネッロに本社を置く自動車メーカーです。
フェラーリの歴史は1929年より始まりました。
まぎれもなく世界で最も有名なスポーツカーの一つです。
日本においても非常に有名な自動車メーカーです。
フェラーリの存在感はその性能にも由来します。
実際に国際的なモーターレースにおいて素晴らしい成績を残しています。
自動車メーカーにおいてフェラーリというのは孤高の存在です。
価格もデザインも実用性も全てを含めても圧倒的な魅力を持っています。
そういった意味でもフェラーリと比較できるブランドは他にはありません。
1939年にエンツォ・フェラーリによって設立された同社は、1940年に最初の自動車を生産しました。
それ以来、フェラーリは一貫して素晴らしい車を次々と発表してきました。
フェラーリは、ブランド・ファイナンスによれば、世界で最も強力なブランドです。
2012年5月には、1962年のフェラーリ250GTOが歴史的に最も効果な車となり、非公開の取引で40億円以上で販売されました。
これだけではありません。
フェラーリはF1レースと密接に関連しています。
レーシングチームは最も成功したレースチームであり、最も多くのチャンピオンシップタイトルを獲得しています。
これらを踏まえて、下記にフェラーリベスト10を決定したいと思います。

10. 1962 Ferrari 250 GTO

こちらのフェラーリは非常に貴重なレーシングカーです。
数年前には40億円以上の価格で販売され、自動車の歴史の中で最も高額な車両となっています。
ほとんどの車のコレクターはこの車の価値に納得します。
そのエンジンは、豪華なスタイリングと共に、250GTOのアイコンとなっています。
主にレース用に作られたもので、フェラーリのレースカーのテンプレートとなった250GTOは、
フェラーリの中でもそのスタイルと美しさに圧倒されます。
このお車はそういった意味でも非常に印象的なお車です。

 

9. 1968 Ferrari 365 Daytona GTB/4

マイアミの俳優であるドン・ジョンソンはこの車を持っていました。
マイアミでこの車を運転していました。
当時はとてもかっこよく話題となりました。
こちらの車のスパイダーバージョンはソニークロケッツが買いました。

 

8. 250 GT California Spyder LWB

世界各地のカー・コレクターが欲しいフェラーリ・スパイダーがあるとすれば、それはこちらのお車です。

こちらのカリフォルニアのネームプレートは裕福なアメリカ人が運転し誇示するために作られました。

有名な自動車業界の天才であるのスカグリエッティ氏は、カリフォルニアのスパイダーを

アイコニックな

そして彼はアルミニウムをふんだんに使った軽くてシンプルなフェラーリの概念を継続しました。

とてもエレガンスな車です。

この車に関しては50台しか生産されていません。

オークション等でもコレクターに対して非常に高い評価を得ています。

 

7. 1957 Ferrari 250 Testa Rossa

多くの人はこちらのお車をフェラーリ史上最もデザインの良いお車だと考えています。

デザインに関しては言うことはありませんが、レースにおいても激しい競合相手を倒してきました。

結果として、24時間のルマンのレースに1958年と1960年と1961年に優勝しました。

6. 1976 Ferrari 512 BB

こちらのお車はフェラーリの中でも小さいものです。

しかしながら、こちらはとても素晴らしいドライビングマシーンです。

ミッドエンジン車は真のベルリネッタボクサーであり、5リットルの12気筒エンジンと、6つの水平に対向するシリンダーからなる2つのバンクを備えています。

このフェラーリのモデルは、1976年に廃番となったされた365 GT4 / BBバージョンを凌駕していました。

シンプルなフロントバンパーと小型、低セットのNACAダクトには、安全性と機能性が控えめです。

しかし、この非常にクールなフェラーリに完璧な危険感を与えるのは、はっきりとした、突出した黒のエンジンカバーハウジングと大型リアタイヤです。

5. 1984 Ferrari 288 GTO

こちらのベストなフェラーリは1980年代に作られました。

あらゆる面から見て、こちらはとても印象に残るフェラーリ最初のスーパーカーです。

このお車は高級自動車業界を念頭においていました。

部屋にポスターを飾ったりとファンになった子供達もいました。

美しくデザインされたGTOは、幅広の低胴体に複合材料を使用しています。

もともとは量産するつもりはなかったのですが、あまりに高い需要のため、当初の72倍以上の量を生産することになりました。

フェラーリ史上非常に成功したお車です。

4. 1967 Dino 206 GT

こちらのお車は時間の経過とともに人気を博していきました。

発売された当初は売れ行きが悪かったのですが、この車に関しては時間がたつにつれて機動性があり、ユニークな設計であることが証明されている。

ディーノは、売上を伸ばすために作られたフェラーリ初の小型スポーツカーでした。

一部の人々はこの車の小さなサイズを良くないと思っていたが、ディーノは車に乗った後、見込みのある所有者を獲得した。

そして多くのフェラーリ好きの方々が真のフェラーリとしてそれを受け入れた今、ディーノは望ましいコレクターのアイテムになっています。

3. 1959 Ferrari 400 Superamerica Coupe Speciale

こちらのお車を選択外として考える人もいます。

ですが、そのユニークな外観に特別性を感じる人もいます。

フィアットとコラボして作ったモデルです。

ですでの従来のフェラーリと大きく違う内装となっています。

まるで豪華なサルーンタイプのクーペのような仕上がりとなっています。

ですがフェラーリが作っただけあって非常にパワフルです。

V12気筒エンジンを積載し、馬力は340馬力を発生します。

多くのフェラーリの愛好家はこの車を認めません。

ですが、この車は見方によっては非常にユニークで素晴らしいお車です。

2. 1962 250 GT Lusso Berlinetta

こちらのお車を知っているフェラーリ愛好家は、こちらのお車を単に「Berlinetta Lusso」と呼んでいます。

1960年代の他の多くのフェラーリとは異なり、こちらのお車はレース用に作られたものではありませんでした。

レース用ではなく主に小売店で販売される高級車として企画されました。

さらに、250GT Berlinettaと比較して、こちらのお車はより豪華でスタイリッシュで、より多くのインテリアスペースと豪華なアポイントメントを誇っています。

こちらのお車は有名な俳優であるスティーブマックイーンが買ったことでも有名です。

1. 1966 Ferrari 275 GTB/4 Berlinetta

フェラーリと言えば赤色というのが常識ですが、このお車は違います。

黄色なのです。

黄色のこちらのお車はまさにフェラーリのブランドに相応しいものとなっています。

こちらのお車は1966年にパリのオートショーにて発表されました。

当時は息をのむ光景で、今日では豪華さが思い出されます。

フェラーリの中でも最も美しいデザインとして設計された車です。

あらゆる車のコレクションの中でこちらのお車は真の傑作と言えます。

 

関連記事一覧