あなたの愛車高価買取宣言!

ランドローバーについて

ランドローバーは日本であまり馴染みがないかもしれませんが、世界的には非常に有名なお車です。

イギリスを代表するお車なのですが、その成長は著しいものがあります。

近年では007シリーズにも登場し話題を呼びました。

非常に素晴らしいお車です。

特に王室の方が乗られるお車としても有名です。

レンジローバーというのは車種名です。

世界的に有名な車種とも言えます。

そのレンジローバーを作っている企業がランドローバーです。

レンジローバーはランドローバー社の主力商品です。

そのランドローバー社はイギリスを拠点としたカーメーカーです。

ですが、近年にインドのタタ・モーターズに買収されました。

インド企業ではありますが、イギリスで生産しています。

元々は第二次世界大戦後の1948年に、ローバー・モーター社がオフロード向け車両として発売した「ランドローバー・シリーズⅠ」がその原型となっています。

現在まで進化を続けついに王室御用達のお車となりました。

ランドローバーのお車の中にはレンジローバー以外にも数種類発売されています。

以下に列挙していきます。

・レンジローバースポーツ

・フリーランダー

・ディスカバリー

・ディスカバリースポーツ

・レンジローバーヴェラール

などです。

このように非常に有名なお車がたくさんあります。

ランドローバーというのは名実共に非常に素晴らしい自動車メーカーです。

そんなランドローバーですが、その主力商品であるレンジローバーの中にいくつかのラインナップを展開しています。

その中の一つがイヴォークです。

イヴォークは来年2019年にモデルチェンジが予定されており多くのファンの期待を集めています。

ですが、これはどこの自動車メーカーにおいても言えることなのですが、テスト段階のお車でベールを脱ぐまでは徹底的にその情報を公開しません。

モーターショーなどで発表があれば多くを明らかにするのですが、そうでない場合は多くの情報を明らかにしません。

パソコンメーカーなどで言う所のアップルなどのように徹底的に情報を統制しています。

そのようにしてリークを防ぐのです。

したがって、気になる新車情報ですが、なかなか開示されません。

そんな中レンジローバーに関する情報を世界中から集めました。

そしてその全体像をお伝えすることができるようになりました。

2019年に新しく発売されるレンジローバーイヴォーク

2019年にいくつかの新しいレンジローバーが発売されます。

その一つがイヴォークです。

イヴォークというのはランドローバーが生産しているSUVです。

イヴォークの特徴としては、ランドローバー史上初めて気候変動問題に対処するために温室効果ガスの排出量削減を目指して設計された車種です。

また、ランドローバーにとっては初となる前輪駆動モデルも含まれています。

レンジローバーはその新車を発売までの間にその秘密を守ろうと秘密裏に隠してきました。

ですが、長い間秘密を保つのは難しいです。

現状でインターネットの世界において公表されている事実を元にイヴォークの情報を収集し、その詳細や全体像を把握することができました。

もちろんイヴォークの全てについて理解したわけではありませんが、ある程度の全体像は把握できました。

その全てを包み隠さずお伝えします。

1、洗練された機能と快適性の向上

2019モデルは第二世代で初めてで、よりシャープなシャシーが特徴です。

これにより、より快適な乗り心地になるサスペンションのチューニングが強化されます。

私たちが見た写真から、空気力学的な設計をしていることが確かであり、燃費がやや上がり、速度が上がっても静かな乗り心地が得られるはずです。

2、よりクリーンな車になります

2019年版エンジンのラインナップは全く新しいもので、ターボチャージディーゼルとガソリンエンジンはCO2排出量を減らして非常に緑化しています。これは惑星やここに住む皆にとって良いニュースです。

より環境にやさしいディーゼル電気プラグインもあります。


3、マイルドなハイブリッドイヴォークが登場します

JaguarとLand Roverが2022年か2024年に電気自動車関連で協同事業を始めるという噂がありました。

今確実に言えることは、ランドローバーが48Vの技術を使って軽いハイブリッドイヴォークを作り上げていることです。

4、インテリアはレンジローバーヴェラールに似ています

スパイカメラによりリークされた情報によると、新しい2019年のイヴォークの内部には、電話、ステレオ、衛星ナビゲーション機能に触れるデュアルタッチスクリーンを備えたヴェラールのようなダッシュボードがあるということです。

クールなドライブモード、ACシステムなどAppleのCarPlayがオプションになるだろうと言われています。

5、サイズは前モデルと比べて変更はありません

第二世代が少し大きめに進化するだろうと予測されていましたが、そうではありません。

2019年のイヴォークは、2018年のモデルに比べて、追加の長さや幅がないほぼ同じサイズになります。

しかし、ブランドはフロントとリアのアスクルの距離を伸ばして、より多くのレッグルームをインテリアに追加しました。

今回のモデルチェンジにおいてスペースの10%の増加が予測されます。


6、3ドアの車が少なくなります

2019年に第二世代のイヴォークが登場すると共に、レンジローバーは3ドアを廃止する計画を持っています。

そして状況が大きく変わります。

これはレンジローバーに限ったことではなく自動車業界全体に言えることです。

レンジローバーにおいても3ドアを減らし5ドアのお車を増産する計画があります。

7、独自のオプションを構築する

2019年の新しいイヴォークは、レンジローバーと同等のオプション機能が付属します。

購入者が望むオプション選択を提供したいとレンジローバーは考えています。

利用可能な色から選択することができ、ランドローバーには常に素晴らしい選択肢があります。

利用可能なトリムはまだ現状では分かっていません。

Apple CarPlayはオプションであり、インフォテイメントシステム、新しいハイテク機器、室内装備オプションなどがさらに存在することを前提としています。

8、新しいエンジンを手に入れている

今回のイヴォークのモデルチェンジにおいて最も必要な情報としてはエンジンに関してです。

2019年のイヴォーク第二世代はクリーンディーゼルの形で新世代のエンジンを搭載しています。

さらに、排出ガスの98%を無害なガスに変換する能力を持っています。

そして、日本などに向けてPHEVが企画されています。

日本などのガソリンエンジンハイブリッド市場でどのように機能するのかを見なければなりません。


9、独自のバッテリ配置があります。

2019年のイヴォークがバッテリーパックがフロアパンの下にきちんと収納された状態で出てくると言われています。

10、ディーラーはこのお車の売れ行きを前向きに予測しています

発売前ではありますが、この車両の需要はすでに巨大となっています。

ディーラーはそれを知っています。

環境に優しく燃費も良いとなれば売れる可能性が非常に高いと言えます。

非常に大きく売れる可能性があります。

世界的に売れる可能性が大きくあるのですが、特に中国においてイヴォークが売れる可能性が高いと言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の特集においてレンジローバーのイヴォークを広く解説しました。

現状では世界で最も詳細に解説されていると思います。

来年に発売されるお車なのですが、現状で知り得る情報としては限界です。

関連記事一覧