あなたの愛車高価買取宣言!

事故車はどのように処分をしたらいいのでしょうか?

まず、事故車の定義についてご説明します。
事故車とは、日本中古車販売協会連合会、日本自動車査定協会、自動車公正取引協議会が定めた規約で、事故車、あるいは修復車と表示することを義務づけています。
規約によると、事故車は、単に交通事故を起こした車を指すのではなく、事故などの要因で車のフレーム(骨格)部分を損傷させ、
損傷部を交換または修理した経歴のある車のことを指します。
フレーム(骨格)部分に影響がなければ、ドアやバンパーに傷がついたり凹んだりしても事故車になりません。修復歴車になります。
ボンネットやフロントガラスを修理交換しても、事故車にはなりません。

事故車は買取と下取りどっちがお得?

事故車は、買い取ってもらえるのでしょうか?
結論から言うと、事故車の買取はできます。
しかし、事故車になると査定が下がるため、買取価格は期待できないことが多いです。
フレーム(骨格)部分の一部を修理や交換しただけで数十万円以上も査定金額が下がってしまいます。

事故車の損傷度合いによりますが、修理すれば自走できる車は、修理した状態で中古車として販売するケースが多いです。
修理できないぐらいの激しく損傷した車は、部品取りだけの車や鉄材として価値があります。
また、日本国内のマーケットで需要がなくても海外市場で売ることができます。

事故車の下取り

下取りは、ディーラーでの買い替えが前提条件となります。ディーラーや販売店が、
事故車にわざわざ価値をつけて下取りをするケースは非常に少ないです。
ディーラーや販売店は、事故車に対して積極的に下取りをしていないため
下取りに出すと損をしてしまう可能性が非常に高くなります。

 

事故車の買取(一括査定)

今までは、事故車になった車は廃棄するだけでした。
現在は、事故車でも買取ってくれる事故車買取専門業者や廃車専門業者がたくさんいるので買取はできます。
一括査定サービスなどを利用して、事故車をしっかりと査定してもらえる業者を選べば、通常0円での買取が数万~数十万円で買取ってもらえるケースがあります。
一括査定は、インターネット上から申込査定依頼できるので、時間や手間がかかりません。
なるべく多くの買取業者を競合させて高値で買取ってもらいましょう。

事故車を廃車にした場合の手続きと必要書類

廃車の手続きは、陸運局・陸運支局で行います。
廃車手続きに必要になる書類は、廃車の方法(一時抹消登録か永久抹消登録)によってちがいが生じますので、注意しておく必要があります。
必要な書類をきちんと揃えておかないと、廃車手続きが完了しませんので間違いがないように注意しましょう。

一時抹消登録と必要書類

一時抹消登録とは、自動車の使用を一時的に止める廃車方法のことです。
長期の出張や旅行、車検切れなどで、当分車に乗ることがない場合や、将来また乗る可能性がある時に一時抹消登録を行います。
一時抹消中は、車検(2年毎)の義務がなく、自動車税や自賠責保険の支払いも発生しなくなります。
1年以上車に乗る予定がない場合、抹消手続を行いましょう。
理由として、毎年自動車税の納税通知書が送られてきてしまいます。

買取店などに依頼する場合の一時抹消に必要な書類

必要書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • 所有者様の印鑑証明書(※発行日から3ヵ月以内のもの)
  • 委任状(印鑑証明書にご登録いただいている実印の押印があるもの)
  • ナンバープレート2枚(※前後面の2枚)

自分で一時抹消を行うときに必要な書類

必要書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • 所有者様の印鑑証明書(※発行日から3ヵ月以内のもの)
  • 委任状(印鑑証明書にご登録いただいている実印の押印があるもの)
  • ナンバープレート2枚(※前後面の2枚)
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書(※地域によっては不要)

一時抹消を行うときの注意点

車検証記載の所有者の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合

住民票
車検証記載所有者の住所から、現住所(印鑑証明書の住所)までの繋がりが分かる住民票が必要になります。
2回以上引越しをされている場合は、繋がりの確認ができる複数枚の住民票(除票)、
もしくは戸籍の附票(住所の変更履歴が記載された戸籍謄本の附票)が別途必要です。

戸籍謄本
車検証記載所有者の氏名から、現在の氏名(印鑑証明書の氏名)への変更が記載された戸籍謄本が必要となります。

 

永久抹消登録と必要書類

永久抹消登録は、その車を二度と使えないように、車籍を完全に抹消する手続きになります。
道路運送車両法の第15条に定められているため、別名「15条抹消」とも呼びます。

 

買取店などに依頼する場合の永久抹消登録に必要な書類

必要書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • 所有者様の印鑑証明書(※発行日から3ヵ月以内のもの)
  • 委任状(印鑑証明書にご登録いただいている実印の押印があるもの)
  • ナンバープレート2枚(※前後面の2枚)
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き

自分で永久抹消登録を行うときに必要な書類

必要書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • 所有者様の印鑑証明書(※発行日から3ヵ月以内のもの)
  • 委任状(印鑑証明書にご登録いただいている実印の押印があるもの)
  • ナンバープレート2枚(※前後面の2枚)
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書(及び解体届出書)
  • 自動車税・自動車取得税申告書(※地域によっては不要)
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き

 

まとめ

事故車の買取と廃車手続きについて説明させていただきました。
事故車は買取ができますので売却する場合は、「下取り」ではなく「買取(一括査定)」で売却しましょう。
一括査定は、インターネットから申込ができるので非常に簡単です。
なるべく多くの買取業者を競合させ、できるだけ高値で買取ってもらいましょう。
買取店に売却する場合、必要書類を準備する必要があるので、事前に確認して準備しておきましょう。

 

車買取・査定 豆知識へ

関連記事一覧