あなたの愛車高価買取宣言!

車を高く買取ってもらいやすい時期をご存知でしょうか?
結論から言うと、車が高く売れる時期は、繁忙期がねらい目になります。
コチラでは、なぜ繁忙期がねらい目かご説明していきます。

車買取業界における繁忙期はいつ?

車買取業界における繁忙期はいつなのでしょうか?
車が高く売れる時期をご紹介します。

中古車買取市場の繁忙期は1~3月

中古車買取市場の繁忙期は1~3月になります。特に、1月中旬から3月末にかけて忙しくなります。
4月から就職、転勤などで新たな生活が始まる人が多くライフスタイルが変わるため、年度末に車の売買をする人が多いという理由が考えられます。
買取・下取り店によっては、通常月の2~4倍以上忙しくなるところもあります。
車の買取・下取り店は、繁忙期の中で2月が最も車の買取が行われます。
理由として、3月末までに買取った多くの車を販売するために、2月により多くの車を仕入れたいためです。
車の買取・下取り店は、1台でも多く車を仕入れるために、通常月に比べて高い金額を出してでも車を買い取ります。
車種や車の状態(走行距離や内装・外装状態など)によりますが、通常月に比べて5万~40万ぐらい価格が変わる場合があります。
そのため、車の買取依頼もこの時期が多くなります。
同様の理由で、半期の決算月である9月頃も車が高く売れる時期となります。

車の売却は繁忙期まで待ったほうがいい?

時期やタイミングによって一概には言えませんが
車の売却を繁忙期まで待つと損するケースがございます。
コチラでは、繁忙期まで待つと損するケースをご紹介いたします。

繁忙期まで待つと損するケースがある

1~3月が中古車市場の繁忙期だからといってその時期まであえて車を売るのを待つのはおすすめできません。
例えば、11月に車を売ろうと考えている場合に2月まで待つと逆に損するケースがあります。
1点目の理由として、2月まで待っている期間に買取相場が下落する可能性があるからです。
次に2点目の理由として、車種にもよりますがモデルチェンジが行われて新型が出た後の車の買取価格が下がってしまいます。
フルモデルチェンジやマイナーチェンジが行われると、新型車へ乗り換える人が増えます。
それまで乗っていた、前モデルの車が売却されるため中古車市場にたくさん流れます。
供給過多になりその結果、買取相場価格がが下がってしまいます。

まとめ

繁忙期がなぜ高く車を買取ってもらいやすいかご説明しました。
実際に車を売却検討されている方は、車を高く買取ってもらえる時期・車の買取相場と
自分が乗っている車のモデルチェンジが行われないか情報収集したうえで売却することをオススメします。

関連記事一覧