あなたの愛車高価買取宣言!

下取りや一括査定を申込む前に、是非ご一読ください。
車を少しでも高く売却できるように、下取りや一括査定、オークションなどについて調べている方が多いでしょう。
所有している車がどういう状態になっているか確認し、査定時にアピールポイントをしっかりと伝える準備をしましょう。
査定する方がチェックするポイントなど例を挙げてご紹介しておりますのでご確認ください。

 

なぜ事前に車の状態をチェックする必要があるのか?

車を売却する際に査定を受けるとき、事前に車をチェックした方が高くで売却することができるでしょう。それがなぜなのかそのメリットは何なのかについてまとめてみました。

 

事前チェックするメリットについて

車を売却する際に、自分の車を事前にチェックするメリットとしては、チェックしない時よりもアピールポイントが明確になるため高くで売却できる可能性があるということになります。チェックする内容としては、今までの整備記録はありますでしょうか?

車の買取専門店やディーラー等は、その車が大切に乗られていたのかどうかやメンテナンスがこまめに行われているかどうかを凄く気にします。

なぜならば、車のメンテナンスがこまめに行われていない車やオイル交換などがあまりされていない車に関しては、エンジンが痛んでいたりその他の部品が痛んでいたりするため、

その場合は故障の元になる可能性が高いからです。

したがって、アピールポイントを探すと言うとなかなか難しいかもしれませんが、整備記録簿やオイル交換の履歴またメンテナンスの履歴等をまとめておくのが良いでしょう。

できればどのようなメンテナンスをいつ行ったのかということを記録してあるものがあればより良いと思います。

このメンテナンスの記録をしっかりと把握することにより、通常はエンジンの状態を確認するといってもエンジン音が異常あるかどうかの確認くらいしかできませんが

メンテナンスの記録があることによってエンジンは問題ないと言うように判断をしてもらうことができるかもしれません。

その場合は事前に、チェックしない場合は車の外相や内装が綺麗かどうかと言う事で、査定額の大きな判断基準となりますがそれ以上に

車買取専門店やディーラーからすると必要な情報である事は間違いありません。

 

車の状態を確認する箇所と査定人がチェックするポイントとは?

車を売却する際に査定を受ける人が多いと思いますが、車買取専門店の査定スタッフはどこどのようにして確認をして査定額を決定しているのでしょうか?

重要なポイントとともにまとめてみましたのでご一読ください。

 

車種 年式 グレード 走行距離

車の査定をする際に最も重要になるといっても過言ではない、車種や年式そしてグレードと走行距離4項目があります。

正式は車検証にて確認することができます。走行距離は実際の車を確認をして走行距離系をチェックすることで確認をします。

走行距離に関しては、メーターを交換している場合について実装後がわからない場合があります。

車買取専門店などの中古車の買取を専門とする業者は、倉庫管理システムと言って走行距離が実装後なのかどうかを確認する仕組みを持っています。

これは、一般ユーザが使用する事はできないものです。

その車の車種や車台番号を入力することにより、実際の走行距離かどうかを確認することができます。

したがって、万が一メーターの交換歴があるということを事前に把握している場合は、査定スタッフに必ず伝えるようにしましょう。

契約が進み車買取店があなたの下から車を引き取った後に、走行管理システムで確認をした場合メーター交換歴があったとするならば、契約は無効となり再査定と言う形になります。

再査定は、大きく価格が変わるためトラブルの元になりますのでもし、把握している場合は事前に報告をしましょう。

 

外装・内装

外相と内装のチェックポイントとしては、板金や塗装をしているかどうかの確認が、1番重要なポイントとなります。

もちろん傷があるかどうかや凹みの有無あなたをしっかりと確認はします。

板金歴があると査定額に影響があるケースもあるため、外相様々な角度からチェックをしてバンキングをしたことがあるかどうかを確認します。

ただし板金塗装をしたことがあるからといって、査定額に大きな影響があるかどうかはその車の状態によっても異なりますので心配する必要はありません。

 

エンジン周り

エンジン周りのチェックは主にボンネットなどを開けてエンジンルームを確認します。主にエンジンのイオンがあるかどうかをしっかりと確認します。

 

修復歴の有無

修復歴の有無はディーラーであっても車買取専門店であっても査定に与える影響は大きいです。

修復歴は事故をした車を修復していると言う時に使われる言葉で、修復した箇所にもよりますが一般的な中古車の相場より半額近くになることもあります。

修復歴の見分け方ですが、さて次はボルトやネジが外された履歴があるかどうかを車本体を見てチェックします。

その他溶接部分におかしなものがないかということを確認します。査定額に与える大城影響が大きいのはフロントによる事故です。

事故の場合はいろいろな箇所に損傷を与える可能性がありますよね。

例えばフロント、リア、再度、ルーフ(やね)、といった箇所があるでしょうか。

フロント事故がなぜ価格が安くなってしまうかと言うと、エンジンルームも近く様々なカ所に損傷損害を与えてしまう可能性があるからです。

また、ルークの歪みがある車に関しては横転事故などそれなりに大きな事故が想定される関係上査定額が安くなってしまいます。

 

その他(装備品・付属品など)

その他ナビやホイールやマフラーなど大神をつけることによって、査定額が高くなったりやすくなったりする事は、その一つ一つの部品や装備品の価値に比例します。

ただし付属品においてはディーラーの保証書や点検記録簿等はしっかりと残しておきましょう。

ただ保管するだけではなくメンテナンス等を行った場合に関してはしっかりと記録の記載を行い履歴が将来にわかるようにしておきましょう。

 

実際に事前チェックをしたことにより高く車売却できた、ユーザ投稿による事例

事前チェック 事例

一括査定を利用する前に、下記のチェック項目を入念に確認しました。

  • 車のボディーカラー
  • 車の走行状態
  • 車の内装の状態(シミや汚れ シート破れなど)
  • 車の外装の状態(傷や凹み サビなど)
  • 年式・走行距離・グレード
  • 車検証情報
  • 事故歴・修復歴

高く買取ってほしかったので、一括査定を申込登録しました。
申込登録してからすぐに、5社から連絡がありました。
しっかりと、アピールポイントを伝えましたので
買取相場より少し高い金額で売却することができました。
納得がいく金額でしたので大変満足しました。

 

まとめ

愛車を売却する前に必ず行っていただきたい、チェック項目をご紹介いたしました。
売却する前に、車の状態をチェックして頂き、査定時にアピールポイントを伝えましょう。
少しでもアピールして、高く買取ってもらいましょう。
例も挙げているのでご確認下さい。

 

車買取・査定 豆知識へ

関連記事一覧