あなたの愛車高価買取宣言!

ダイハツ新型タントが2018年10月フルモデルチェンジへ

新型タントがフルモデルチェンジを行い、2018年10月に発売されると予想されています。
去年12月にマイナーチェンジが行われました。2018年10月に早くもバージョンアップしてフルモデルチェンジします。
新型タントにも、最新のスマシアが標準装備され予防安全機能が充実します。
今までに比べて安全性は格段とアップしますが、スズキやトヨタに比べると一歩遅れている感じがします。
今後スマシアの機能がアップすれば、ライバル社と同様に標識認識機能や360°ビュー・モニター、自転車や夜間歩行者の認識が可能になると予想されます。
今回、新型プラットフォームが採用され、走行性や静粛性、燃費性能が更に向上します。

新型エンジンが搭載されると噂になっています。
ハイブリッドエンジンは、プリウス並みのレベルになり、フルハイブリッドが軽自動車に搭載されれば軽自動車では史上初となります。
燃費性能は、ライバルであるスズキの新型スペーシアを超えてくるでしょう。

ボディサイズは、規格いっぱいまで使っているため、現行モデルから変更がないと予想されます。
新型プラットフォーム「DNGA」を採用することで、床面の位置を低くし室内空間を広くします。
床面を低くすることにより、高齢者などが乗り降りしやすくなる設計になっております。
更に使いやすく仕上げられます。

現在のところ新型タントの販売価格は公表されておりません。
安全装備の向上や最新技術が搭載されるため、現行モデルよりも10万円程度価格がアップすると予想されます。
販売価格は、150万円~180万円前後の予想です。

■変更点
・最新プラットフォーム「DNGA」を採用し燃費性能を向上
・ピラーレスドアを継続採用
・先進システムにより、安全性能を更に向上

■スマートアシスト
①オートハイビーム
②衝突警報機能(対車両・対歩行者)
③衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
④先行車発進お知らせ機能
⑤誤発進抑制機能(前方・後方)
⑥車線逸脱警報機能

■新型エンジン搭載
新型エンジン
・660ccガソリンエンジン
・660ccガソリンターボエンジン
・660ccハイブリッドエンジン

■現行モデルのボディサイズ
全長×全幅×全高:3395×1475×1750mm
室内長×室内幅×室内高:2200×1350×1365mm
ホイールベース:2455mm
車両重量:920kg
乗車定員:4人

 

ダイハツ新型DN トレックが2018年12月フルモデルチェンジへ

ダイハツは、コンパクトSUV「ビーゴ」とOEM車種「ラッシュ」の後継続車種として、
新型SUV「DN トレック」を軽コンパクトSUV市場に導入する予定です。
導入予想時期は、2018年12月頃と思われます。
コンパクトなボディにタフな走りを組み合わせ、街中でもアウトドアなど使いやすいSUVとして制作されます。

■新型DN トレックの特徴
・アクティブ、ファン、タフをテーマにした上質でコンパクトなスタイリングとインテリアを採用
・1.2Lハイブリッド、1Lターボを搭載

■ボディサイズ予想
新型DN トレック
全長:3,980mm
全幅:1,695mm
全高:1,600mm

参考:ビーゴ
全長:4,005mm
全幅:1,695mm
全高:1,690mm
ホイールベース:2580mm

■パワートレイン
1.2L 直4 DOHC(8NR-FTS)
最高出力:85kW(116PS)/5200-5600rpm
最大トルク:185Nm(18.9kgm)/1500-4000rpm
JC08モード燃費:16km/L

■エンジン
1.2Lハイブリッドエンジンが搭載
型式:3NR-FE
種類:直列4気筒
排気量:1,198cc
最高出力:86PS/6,000rpm
最大トルク:108Nm/4,000rpm

トールに搭載されているエンジンを搭載
型式:1KR-VET
種類:直列3気筒
過給機:インタークーラーターボ
排気量:998cc
最高出力:98PS/6,000rpm
最大トルク:140Nm/2,400-4,000rpm

■安全機能を充実
①VDC(ビークルダイナミクスコントロール)
②衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
③車線逸脱警報機能
④先行車発進お知らせ機能
⑤AT誤発進抑制制御機能(前方誤発進・後方誤発進)
⑥ハイビームアシスト
⑦リヤコーナーセンサー
⑧エマージェンシーストップシグナル

■販売価格予想
ビーゴの販売価格が198~226万円でしたので
DN トレックの販売価格予想は、160万円~230万円です。

 

ダイハツ新型ムーヴが2018年12月フルモデルチェンジへ

ムーヴは、2014年12月に現行の6代目モデルが登場しました。
2017年8月にマイナーチェンジを行い、外観の変更や安全システム「スマートアシストⅢ」の機能をアップグレードを行いました。
今年の12月にフルモデルチェンジを行い、全面改良されると予想されています。
新プラットフォームの「DNGA」の採用により、軽量化や高剛性化が可能になり燃費が更に向上します。
また、トランスミッションとエンジンの改良を行うことにより、燃費32.0km/Lまで向上すると予想されます。

■新型ムーヴのボディサイズ
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,630mm
ホイールベース:2,455mm

■スペック
エンジン:KF-VE型 658cc 直3 DOHC DVVT
最高出力:38kW(52ps)/6,800rpm
最大トルク:60Nm(6.1kgm)/5,200rpm

 

関連記事一覧