あなたの愛車高価買取宣言!

諦めていませんか?
不動車だからといって、値段はつかないと思い込んでいる あなた、是非ご一読ください。
人生で、そう何度も経験することはありませんが、知らないと損します。
不動車だから売れない、価値がないと諦めてはいけません。
不動車だからこそ、高値で売却できるように知識をつけましょう。

 

本当に、不動車は高値で売却できるか?

不動車でも高くで売却したケースがあることを聞いたことがある方もおられるかもしれません。
どのような不動車が高くで売れるのでしょうか?本当に不動車が売れるのでしょうか?
エンジンの故障や事故をしてしまった場合など、不動車になってしまった場合どこに売却したらいいのかなどをまとめてみました。

 

 

不動車の定義とは?

不動車の定義はその文字の通り動かない車と言うことになります。
動かない車と言うのは今現時点で動かない車のことを指しますのでバッテリー上がりによって不動車になってしまったと言う表現を使う場合もあります。
しかし、バッテリー上がりの不動車の場合は、ブースターケーブルなどで救援すればエンジンの始動が可能ですよね。
したがってこのページでは、不動車は事故をしてしまって動かなくなった車やエンジンやミッションなどが
故障したことによって動かなくなった車をどのようにして売却するのが良いのかについてまとめることにしました。

 

 

不動車のデメリットとは?

例えば、年式が新しい車や人気車両の場合においては不動車といってもその故障箇所によって査定額は様々です。
例えば、50,000円から100,000円程度で、修理が可能な不動車に関しては、そこまで査定額は落ちないかもしれません。
しかし24社になってしまったことによって大きなデメリットが1つあります。
それは修理工場やディーラーなどに車を持っていくための分担です。
自走ができる車に関しては積載車などに積み込むなどをして運搬することもありますが、
不動車の場合は、ユニックやレッカー車などを使って車を引き上げる場合もありますし、
フリンジ付きのローダー車などで積載車に積み込む場合もあります。
いずれの場合においても普通に動く車と比べると陸送費(運搬費用)は
明らかに高額になってきますのでもしジャフ等のロードサービスに加入している人は、ロードサービスを利用するのが良いでしょう。
不動車は陸送料金が高いため、もし高速道路などでエンジンの故障によって不動車になってしまった場合などは、
いちど自宅へ持って帰るではなくて修理工場などに直接運搬してもらうのが良いでしょう。
その理由は、自宅等の駐車場がトラックなどが入らない場合は不動車を引き取ることも運ぶこともできませんよね。
したがって、車屋さんなどの車を駐車するスペースが十分にある場所へ運ぶのが最善と言えるでしょう。

気になる、不動車が高く売れる理由とは?

 

最近では、不動車でも高額で取引がされている場合があります。
例えば、年式が新しくて走行距離が少ない車の場合でかつ修理費用が高額とならないケース等は思っているより
査定額が高いということもあるかもしれません。では、古い車や事故車等はどうなのでしょうか?
古い車の場合は、不動車になってしまうとパーツを分解をして海外などで輸出するケースがあります。
そのため中古車本体として売却をするよりも価格が安くなりますが車は数万個と言うたくさんの部品から成り立っているため、
良車両に関しては、一つ一つのパーツの価格が高い価格で取引をされていることもありますので

不動車になっても人気車両であれば高値で売却することができるかもしれません。

 

不動車はどこで売却すると得なのか?

 

それでは、不動車はどこで売却するのが良いと思いますか?
売却先は主に2つです。まず1つ目は事故車などを修復して再販する専門の業者があります。
これは車買取専門店などとは異なり修理工場などが行っています。
事故車(ダメージカー)を購入し、自社の整備や修理の技術にてきれいに修復をした後市場再販します。
この場合修理や整備で修復した箇所は一般ユーザが見てもわからない位の技術の高さがあります。
市場に出回っている中古車の中で事故歴ありまたは修復歴ありと言ったような記載を見たことがある方も多いかもしれません。
その修復歴ありの車と言うのが専門の業者が修理することによって、再度市場に出回った車であります。2つ目の売却先は海外の輸出を行っている業者です。
自動車の輸出業者や解体業者などがそれにあたります。
自動車の輸出業者は、中古車として価値がなくなってしまった車でもパーツの一つ一つの価格を把握していますので
人気の車両に関してはそのままコンテナ船などで出荷するケースもありますが、主にパーツ一つ一つに分解をして出荷します。
昔からそうですが自動車の解体業者が鉄スクラップの販売によって事業を展開しているだけではなく
部品の販売またはUSも行っていますのでイエス業者のみならず自動車の解体業者に売却をすると高く売れるでしょう。
直付同社の場合は人気車両でなければ高値がつかないケースがほとんどです。
年式が新しくて走行距離が少なくても人気がない車で、不動車や事故車は、高く売却することができないと考えて良いかもしれません。

 

 

不動車の買取相場はあるのか?

不動車や事故車に相場と言うものがあるのか気になりますよね?
不動車の場合は、1台1台故障の箇所や損傷の箇所が異なりますので、通常の自動車のように決まった価格がありません。
車買取専門店などは、一般ユーザの車を査定するときに市場の価格を確認します。
市場の価格と言うのは、中古車業者のみが参加しているオートオークションの取引実績によって相場が形成されています。
しかし、不動車の場合はそれぞれ1台1台事情や状況が異なりますので、相場によって買取額が決まっていると言うよりは
故障の箇所によって使えない部品と判断され使える部品がいくらなのかということを判断をして専門業者は買取価格を決定します。
損傷箇所や故障箇所の修復にあまり費用がかからない場合に関してのみ、

一般的な中古車相場を参考にしてそこから修理費用を差し引く形で買取価格を決定しますので、
そういった意味では、損傷や損害が小さい車に関しては、中古車買取相場が1つの参考になっていると言えるでしょう。

まとめ

みなさんが諦めていた不動車についてご紹介いたしました。
動かなくなった愛車でも、買取して頂く可能性はあります。
一つ一つのパーツの価格が高い価格で取引をされていることもありますので
不動車になっても人気車両であれば高値で売却することができる可能性があります。

 

車買取・査定 豆知識へ

関連記事一覧