あなたの愛車高価買取宣言!

車検が切れた車を売却したいが、具体的な方法がわからない方がいると思います。
今回、車検が切れた車の売却方法についてまとめてみました。
売却以外にも、車検が切れた車の注意点も記載しておりますので、ご一読ください。

 

車検が切れた車の注意点

自家用の新車であれば3年車検、中古車なら2年車検、事業用だと1年車検もありますね。自動車を所有している方は皆さん車検をご存知だと思います。

車検は、安全に自動車を走らせることができるか点検を行い、一定の基準を満たした車両のみ車検を取得することができます。こちらでは、車検に関しての概要をご紹介します。

車検が切れた車で公道を走っても大丈夫?

自動車には車検の有効期限があります。車検証を確認していただくと有効期間の満了する日が記載されています。

自動車を乗るときは車検の有効期間の満了する日までとなっておりますので、車検が切れた車の場合は、行動を走らせることができません。

車検切れに罰則はあるのか?

車検が切れている車を運転している場合は、罰則として免許停止だけでなく状況によっては罰金や懲役などが科せられることがあります。

上記で説明しました通り、車検とは自動車を走らせるために陸運局または指定工場で点検を受け、合格した車しか取得することができません。

したがって、車検が切れている車は安全上に関しても良いとは言えません。

万が一、車検が切れている状態で自動車を乗っていた場合は、罰則を受けることになります。
車検切れの車を運転していた場合の罰則

それでは、車検切れの車を運転していた場合の罰則は下記の通りとなります。尚、下記の罰則は無車検、無保険の場合になります。

  • 違反点数(12点)
  • 免許停止(30日間)
  • 刑事罰(1年6カ月以下の懲役または80万円以下の罰金)

もし、車検の満了日が過ぎていることを知らずに運転していたら?

車検の有効期限を覚えている方は多くないのかもしれません。

自動車を購入したディーラーや販売店、またはオートバックスなどから車検の案内状が来て、「あっ、そろそろ車検の時期かぁ」と気づく方の方が多いのかもしれません。したがって、車検切れの状態で車を乗ってしまうリスクは、自動車を所有している方は全員あるわけです。

それでは、車検切れに気づかずに車を乗ってしまっていた場合はどうなるのでしょうか?

当然、法的には車検の満了日が過ぎていて運転していた場合は、罰則を受けることになるわけですが、知らずに乗っていた場合は厳重注意で済むことがあります。

ただし、明らかに故意的なものや悪質なものに関しては罰則が適用されるので注意しましょう。

車検切れ 仮ナンバーの取得・取り付け・返却が必要?

車検切れの車でも運転できる方法もあります。別に裏技という訳ではありませんが、仮ナンバーを付けることによって限定された期間だけですが運転することが可能です。

仮ナンバーとは、ナンバープレートの赤色の線が入っているもので、たまに見かけることもあるかと思います。

仮ナンバーは市役所で発行してもらうことができ、期間を指定して取得することができます。

一般的には、仮ナンバーを取得する場合は、中古車屋さんが陸運局に車検を受けに行くときに仮ナンバーを付けていくことくらいで、

一般ユーザ(消費者)が仮ナンバーを取得する事は、ほとんどないかもしれません。
仮ナンバーは自賠責保険の加入が必要になります。

仮ナンバーは自賠責保険に加入している車でなければ取得することができません。

もし、自賠責保険に加入していない車の場合は、仮ナンバーを取得する期間中だけでも加入する必要があります。

中古車販売店は保険の代理店になっているケースが多いため手間はあまりかかりませんが、

一般ユーザは陸運局に併設されている自賠責保険加入の場所に行くなどしなければならないため、仮ナンバーを取得するだけでも一苦労かもしれません。
仮ナンバーは有効期限が過ぎるまでに返却を!

仮ナンバーを使い終わったら必ず返却をしましょう。

また、有効期限が切れた仮ナンバーを使って運転していた場合は、車検切れの車を運転いていた場合と同じ罰則を受けることになります。十分注意が必要です。

車検が切れた車は、売却できるのか?

車検が切れた車は乗ることができないので、ディーラーや車買取専門店などに車を持ち込んで査定をしてもらうことができませんよね。その場合、どのようにして売却すればよいのでしょうか?気づけば車検切れになってしまった方のために、必要な情報をお伝えします。

 

誤解していませんか?車検切れの車は売れる

もしかすると、車検切れの車は自分で動かすことができない車の為、「乗ることができない車」として車検が切れると売れないと思っておられる方もおられるかもしれません。

しかし、買取店などに査定をしてもらうために乗っていけないということ以外はマイナスポイントはありません。

しかし、車検切れの車を売却しようとする場合、どちらかというと古い車などの廃車同然の車の場合が多いかもしれません。

新しい年式の車の場合は、普段から使用している車だと思いますので、売却をしようとするときに車検が切れていたということはないと思いますが、

あまり乗らない車は気付けば車検切れということもあると思います。

その場合でも、売却はできますので一度査定の問い合わせをしましょう。

 

車検切れの車は、買取金額が安くなる?査定への影響とは

車検が切れた車を売却するときに買取金額に与える影響は大きくありませんが、長期間放置している車両に関しては買取金額は大きく減少します。

長期放置している車はバッテリーが完全に放電している可能性があります。

その場合は、ただの車検切れから不動車として取り扱われる場合があります。

実際に、バッテリーで救援してエンジンを始動させても、すぐにエンジンが切れてしまう状態となりますので、乗らなくなった車は長期間放置をする前に売却するようにしましょう。

車検を通してから、売却したほうが高く売れる?

車検が切れた車を売却する場合、車検を取得した方が高く売れるのか?ということについて、車検が切れている状態の車より、車検が丸々残っている車の方が高くなりますが、車検を取得するためには車検費用がかかりますので、そのかかる車検費用を考えると車検を取得する前に売却した方が得だといえます。

 

車検が切れた車を売却する方法

車検が切れた車は、所有者本人が運転してディーラーや買取店に行くことができません。その場合の、おすすめの売却方法をご紹介します。

 

一括査定と売却の流れ

車を売却する際に最も利用されるのが車の一括査定です。

車の一括査定は、一度の情報入力で一括査定に登録している業者に査定依頼ができるため、手間を削減できるメリットがありますが、

それと合わせて出張査定に来てくれるので車検が切れて動かすことができない車でも気を使うことなく一括査定に申し込んでみると良いかもしれません。

一括査定で売却する業者が決まったら、車の引き取りに来てもらいましょう。

車検が切れているだけで、ブースターケーブルなどで救援をすればエンジンがかかる車の引き取りは手間がかかりませんが、

バッテリーが完全放電している場合は、ウィンチ付きのローダー車両で引取を行うことになるため、広い道路まで手押しをするなどして移動しなければならないケースもあります。

車の売却、引取後の書類手続きなどは車検の有無で変わりません。

売却時の必要書類

車の売却先が決まったら必要書類を準備しましょう。車買取店やディーラーへ渡す書類は下記の通りです。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券
  • 印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
  • 譲渡証明書(実印の押印)
  • 委任状(実印の押印)

上記の書類で車の名義変更などの手続きができない場合があります。必要書類を準備する際に起こりうるイレギュラー案件に対しての対応方法をご紹介します。

 

家族や知人名義の車の場合

車の名義人が家族や知人名義の場合があります。

元々は家族の違う人が乗っていたが、自分自身が乗るようになった場合や、知人から車を購入したけど名義変更をしていなかった場合等が考えられます。

車の売買においては、自分以外の名義人の車を売却しようと思うと結構大変です。

基本的に、ディーラーでも車買取店でも他人名義の車の買取は行いません。

それでは、どの様にすれば売却をすることができるのでしょうか?

車を売却する際に必要となる、印鑑証明書や譲渡証明書、委任状といった書類を揃える必要があります。

譲渡証明書と委任状には所有者の実印の押印が必要となるため、もし知人の方が遠方に住んでいる場合等は郵送でのやり取りをしなければならない等、手間が増える可能性があります。

車を売却する際は何かと他に時間が必要にもなりますので、できる限り自分名義に変更しておくのがよいでしょう。

 

所有者がいない場合

車の名義人が見つからないケースもあるかもしれません。

他人の名義の車を乗ることは少なく、車の名義人としても他の人に勝手に乗って欲しくないものです。

所有者と連絡が取れない場合や、とりたくないといった理由がよくあるケースは、離婚した前妻などの名義で名義変更をしておらず、

今はどこに住んでいるのか分からないし、分かったとしても連絡を取りたくないなどといったケースが考えられます。

まず、結論から申し上げますと、車の手続きを行うためには、所有者の書類が必須です。

したがって、車の売却をしたければ、若しくはする必要があるのであれば所有者と連絡を取り、必要書類を取り寄せる必要があるでしょう。

こちらのケースの場合も、事前に名義変更をしておくのが最善です。

 

所有者が法人やローン会社の場合

車の所有者がローン会社はその他の中古車販売店などの法人になっているケースがあります。

新車や中古車を購入する際に、ローンを組んで購入すると大半はローン会社が所有者になります。

ローンの支払い中は勝手に売却することができなくするためです。

もし、ローンの支払いを終えている車を売却するときは、ローン会社に連絡をして所有権解除の書類を郵送してもらうようにしましょう。

所有権解除の書類は、早ければ数日~一週間程度で取り寄せることができます。

 

まとめ

そろそろ車を売却検討されている方で、上記に該当する方もいるでしょう。
様々な特殊なケースの売却方法をご紹介いたしました。
事前に売却前に目を通していただき、ご確認いただければと思います。

 

車買取・査定 豆知識へ

関連記事一覧