あなたの愛車高価買取宣言!

子供が生まれ家族が増えた、突然の転勤で車が不要になったなど
ライフスタイルに合わせて車の買い替えや売却をしなければいけないケースもあります。
そんときに、ローンの支払いが残っている場合、売却できるのでしょうか?
疑問に思っている方もいると思いますので、ローンの支払いが残っていても
安心して車を売却する方法をご紹介します。

ローンが残っている車は売却できる!!ただし、名義によって売却方法が変わる

新車や中古車を購入するときにローンを組んで購入している方は車検証の所有者の欄を確認するようにしましょう。

基本的に所有者が出本人になっている場合は売却をすることができますが、それも契約によって異なりますので最終的にはローン会社への確認をしなければなりません。

 

名義が本人または、家族の場合

車検証の所有者の欄を確認すると本人なのか第三者なのかを確認できると思います。例えば名義人が本人または家族の場合は車を売却することができるケースが多いです。

一般的に新車や中古車を購入するときに、ローンを組んで購入した場合は、所有者の欄がローン会社になっているケースがほとんどです。

この場合後ほど説明をしますが、ローン会社の所有者になっている場合は、所有者本人が勝手に売却をすることができません。

その理由は、中古車を売却する際に必要となる書類に関係しています。普通車の場合、は所有者の印鑑証明書と譲渡証明書と委任状が必要になります。

すなわち私車検証上の所有者が本人の場合は、本人の印鑑証明書と譲渡証明書と委任状を準備することができれば、陸運局での手続きをすることができます。

注意点としてはローン会社とクレジットの契約をするときに残債が残っている場合は、車を譲渡または売却してはならないと言う契約になっているかどうかを確認しましょう。

契約書またはローン会社へ問い合わせをして確認をするのが良いでしょう。

 

ローン会社やディーラーなどの場合

所有者が、ローン会社やディーラーの販売店になっている場合は、基本的には勝手に売却することができません。

所有者がローン会社やディーラーになっているケースとしては2つ考えられます。

1つ目はローンの残債自体が残っていて所有権を解除することができない場合、

2つ目は残債は無いけども(関西はしているけども)所有権解除の書類を取り寄せていなかったので名義変更が本人になされていない場合、

などが考えられます。

まずローン会社の残債が残っている場合に関しては、印鑑証明書や譲渡証明書、委任状といった名義変更等に必要な書類は、

ローン会社から取り寄せることができないため売却をすることができないと考えて良いでしょう。

もし残債が残っていない場合に関しては、ローン会社へ所有権解除の書類を取り寄せることによって、車の手続きをすることが可能になります。

 

名義が亡くなっている方の場合

所有者本人がお亡くなりの場合に関しては、相続手続きが必要となります。相続人と言うのは、相続人(お亡くなりの方)の配偶者又は子供の税金となります。

相続手続きの必要書類は、通常の必要書類より多くなるためローン会社へ直接問い合わせをして一つ一つ確認するのが良いでしょう。

車の売却においては、所有者がお亡くなりの場合においても残債がない場合は車の売却をすることができます。

それもローン会社との契約によるものですのでいちど確認をするのが良いでしょう。

 

車買い替えの場合、下取りがお得?それとも買い取りお得?どっちがお得?

それでは、車を買い替える場合ば下取り査定が得なのか?

それとも車買取専門店などの買取査定が得なのか?

どちらがお得なのかまとめてみました。

 

車売却 下取りの場合

車の売却をするときに、ローンが残っている場合に関しては、下取りの方が良いかもしれません。

下取りと言うものは、一般的に中古車や新車を問わずその販売店で車を購入するときに、今乗っている車を買い取ってもらうことをいいます。
例えば、新しく買う車においてもローンを組んで購入する場合、ローンの残債が少なければ販売店によっては、そのローンの残債を新しい車のローンに組み込んでしまうこともあると思います。あまり高額の場合はそれを行うことができませんが小額の場合に関しては、相談してみても良いかもしれません。(ただし最近ではあまりそのような事は行われておりません)

 

車売却 買い取りの場合

ローンが残っている車を売却する際に車買取専門店に売却した場合には基本的には車の買取価格がローンの残債を上回っていなければ売却することができません。

もしくは買取査定価格と言う残債の差額をローン会社に支払わなければなりません。

ただし下取りの場合も車買取専門店への売却の際も、基本的には販売店や買取店などでローン会社へのやり取りもしてもらえるケースがありますので手間がかからないと言う点においては同じでしょう。

 

車売却してもローンが残ってしまう場合

それでは車を売却してもローンの残債が残ってしまう場合はどのようにすれば良いのでしょうか?ローンの残債が車の売却価格より高い場合と低い場合を比べてまとめてみました。

 

ローン残高 < 売却価格の場合

ローンの残債が売却価格よりも少ない場合においての手続きは非常にシンプルで車買取専門店やDrなどから買取価格をもらったらローン会社に支払うことで所有権解除の手続きと呼ばれる名義変更等に必要な書類を出してもらうことができます。一般的にはディーラーにおいても車買取専門店においても車の買取価格を一般ユーザ(お客様)に支払うことではなくローン会社へ残債を支払いその残りのお金をお客様に買取価格として支払うと言うものが一般的になります。

 

ローン残高 > 売却価格の場合

売却価格がローンの残債よりも少なかった場合においては、ローン会社へ直接交渉をして所有権解除の書類を出してもらうか、

売却価格とローンの残債の差額分を一括で支払うかをしなければ所有権解除の手続きをする書類を出してもらうことができません。

例えば、事故車いや故障者などの場合においては、売却価格はすごく低い価格となるため、基本的にはローンの残債を下回ることがほとんどです。

しかし、事故車や故障者を修理するには大きなお金がかかるため、歯医者に行ってしまったほうが得になるケースも多いです。

その場合は、ローン会社に相談をして修理するお金はないので廃車にしたいけども売却ができないということを相談しましょう。

もし、ローン会社から所有権解除の書類をもらうことができなければ、売却をすることができないわけですから、

借りている駐車場などに車を止めている場合は、ローンの残債を支払い終えるまでずっと駐車料金も20にかかってしまいますよね。

基本的にローン会社の事情を確認をして歯医者の条件に置いて所有権解除の書類を出してもらうことができるケースもあります。

 

まとめ

ライフスタイルに合わせて車の買い替えや売却をしなければいけないケースをご紹介いたしました。
安心して車を売却する方法をご説明いたしましたので
事前に目を通して頂き、愛車を売却して頂ければと思います。

 

車買取・査定 豆知識へ

関連記事一覧