あなたの愛車高価買取宣言!

2018下半期~2019上半期にかけてモデルチェンジするマツダの新型車が続々と登場します。
新型車には、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」などの最新技術が装備化され
今までよりも更に、安全で安心して運転をすることが可能になっていくでしょう。
今後国内では、高齢者が増えヒューマンエラーなどの事故が増えることが想定されていきます。
マツダの最新技術により未然に事故を防ぐことが可能になりそうです。
より運転することが楽しくなっていくことでしょう。
それでは、マツダ新型車の最新情報をおご紹介します。

 

マツダ新型ロードスターのマイナーチェンジ最新情報

マイナーチェンジした「ロードスター」、「ロードスターRF」、特別仕様車「Caramel Top(キャラメル・トップ)」が2018年7月26日に発売されました。

■ロードスター SKYACTIV-G 1.5
ロードスターの価格は、255万4200円~325万6200円です。
アクセルレスポンスとコントロール性にさらなる磨きをかけて、より人の感覚に合った走りを実現しています。
また、環境にも優しく燃費性能を向上しました。

最高出力:97kW(132ps)/7,000rpm
最大トルク:152Nm(15.5kgm)/4,500rpm
駆動方式:2WD(FR)
WLTCモード燃費:6MT 16.8km/L 6AT 17.2km/L

 

■ロードスターRF SKYACTIV-G 2.0L
ロードスターRFの価格は、336万9600円~381万2400円です。
トルク特性やアクセルレスポンスとコントロール性などの性能を改善しました。
改善により実用燃費が向上しました。
さまざまなシーンでのパフォーマンスを楽しめるようになっております。

最高出力:135kW(184ps)/7,000rpm
最大トルク:205Nm(20.9kgm)/4,000rpm
駆動方式:2WD(FR)
WLTCモード燃費:6MT 15.8km/L 6AT 15.2km/L

 

■特別仕様車「Caramel Top(キャラメル・トップ)」
価格は6段MT 309万4200円 / 6段MT 320万7600円です。
ブラウンの幌とスポーツタンのレザーシートを組み合わせ
これまでのロードスターにないオシャレで上品なクルマになっています。

 

■先進安全技術が標準装備
・アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)
・スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)
・ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)
・リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)
・リアパーキングセンサー(センター / コーナー)
・AT誤発進抑制制御[前進時]
・AT誤発進抑制制御[後退時]
・先進ライト(ALH・HBC)
・車線逸脱警報システム(LDWS)

 

マツダ新型デミオのマイナーチェンジ最新情報

新型デミオが2018年8月にマイナーチェンジします。
デザイン変更は、現行のデミオからありません。その他に変更点がありますのでご紹介します。

■変更内容
・1.3Lガソリンエンジンを廃止し、1.5Lガソリンエンジンを搭載
・UVカットガラスに加え、IRカットガラスを採用
・エクステリア、インテリアに最新デザインを採用
・安全システム「i-ACTIVSENSE」に全車速追従機能付マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)を装備。360度ビューモニターオプション設定
・特別仕様車「Mist Maroon」設定

 

■マツダ新型デミオの価格

ガソリン

グレード FF 6AT FF 5AT 4WD 6AT
15C 1,393,200円 1,598,400円
15S 1,490,400円 1,490,400円 1,695,600円
15S Touring 1,733,400円 1,733,400円 1,938,600円
15S Touring L Package 1,814,400円 1,814,400円 2,019,600円
15S Noble Crimson 1,792,800円 1,998,000円
15S Mist Maroon 1,782,000円 1,987,200円

 

ディーゼル

グレード FF 6AT FF 5AT 4WD 6AT
XD 1,814,400円 1,814,400円 2,019,600円
XD Touring 2,014,200円 2,014,200円 2,219,400円
XD Touring L Package 2,073,600円 2,073,600円 2,278,800円
XD Noble Crimson 2,073,600円 2,278,800円
XD Mist Maroon 2,062,800円 2,268,000円

■カラー
新色としてセラミックメタリックが追加され、全部で11色
・エターナルブルーマイカ
・ソニックシルバーメタリック
・ダイナミックブルーマイカ
・ディープクリムゾンマイカ
・ディープクリスタルブルーマイカ
・チタニウムフラッシュマイカ
・ジェットブラックマイカ
・セラミックメタリック
・ソウルレッドクリスタルメタリック(特別塗装色)
・マシーングレープレミアムメタリック(特別塗装色)
・スノープレイクホワイトパールマイカ(特別塗装色)
※特別塗装色は別途オプション料金

■マツダ新型デミオのボディサイズとカラー
全長×全幅×全高 4060×1695×1500mm
室内長×室内幅×室内高 1805×1445×1210mm
ホイールベース 2570mm
車重 1020kg(ディーゼル車は1080kg)
乗員 5人乗り
最低地上高 145mm

■マツダ新型デミオのパワートレインとスペック

SKYACTIV-G1.5
エンジン:直列4気筒1.5Lガソリン
出力:111ps/14.7kgm

SKYACTIV-D1.5
エンジン:直列4気筒1.5Lディーゼルターボ
出力:105ps/25.5kgm
トランスミッション:6速AT or 6速MT
駆動方式:FF or 4WD

前モデル:マツダ・デミオのスペック
直列4気筒1.3Lガソリン
出力:92ps/12.3kgm

■マツダ新型デミオの燃費
1.3Lガソリンエンジンが廃止され、1.5Lガソリンエンジンがマツダの新型デミオに搭載されます。
現行モデルの1.3Lガソリンエンジンに比べると燃費は落ちますが、上り坂や高速でもスムーズな走りを実現します。

新型デミオ
1.5Lガソリン:17.2km/L ~ 19.8km/L
1.5Lディーゼル:22.8km/L ~ 30.0km/L

現行モデル
1.3Lガソリン:24.6km/L
1.5Lディーゼル:30.0km/L

■マツダ新型デミオの安全装備
自動ブレーキやペダル踏み間違いなどによる事故を未然に防ぐための先進安全技術が進んでいます。
今回マツダの新型デミオにもドライバーの安全運転をサポートしてくれる先進安全技術が標準装備されています。

先進安全技術を装備化
・360°ビュー・モニター
・AT誤発進抑制機能(前進/後退)
・マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)
・アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート
・アダプティブ・LED・ヘッドライト
・ハイ・ビーム・コントロールシステム
・スマート・シティ・ブレーキ・サポート
・ブラインド・スポット・モニタリング
・リア・クロス・トラフィック・アラート
・リアパーキングセンサー(センター/コーナー)
・車線逸脱警報システム

 

マツダ新型CX-5のマイナーチェンジ最新情報

フルモデルチェンジしてから約1年半後の2018年12月にCX-5がマイナーチェンジします。
マイナーチェンジするCX-5の全モデルには、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」が標準装備されます。
その他改良点もありますのでご紹介します。

■マツダ新型CX-5の改良点
・2.5Lガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G2.5T」追加
・Android Auto、AppleCarplay対応
・「G-ベクタリング コントロール」の性能を向上
・「マツダ コネクト」を現在の7インチから8インチに拡大
・安全システム「i-ACTIVSENSE」に、夜間歩行者検知機能を追加
・全席自動ウインドウスイッチを採用

■マツダ新型CX-5のエンジンスペック
今回のマイナーチェンジから2.5Lガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G2.5T」が追加になります。

エンジン
・直列4気筒2.5Lターボ「SKYACTIV-G 2.5T」【追加搭載】
最高出力:230ps/5000rpm
最大トルク:42.8kgm/2000rpm

・直列4気筒2L「SKYAVTIV-G2.0」
最高出力:156ps/6000rpm
最大トルク:20.3kgm/4000rpm

・直列4気筒2.5L「SKYAVTIV-G2.5」
最高出力:190ps/6000rpm
最大トルク:25.7kgm/4000rpm

・直列4気筒2.2Lディーゼルターボ「SKYAVTIV-D2.2」
最高出力:190ps/4500rpm
最大トルク:45.9kgm/2000rpm
トランスミッション:6速AT
駆動:FF or 4WD

■マツダ新型CX-5の燃費予想
新たに搭載される2.5Lガソリンターボエンジンの燃費は、現行のモデルからダウンするとみられます。
14.8km/L → 13.0km/Lぐらいの燃費になると予想されます。

現行のCX-5の燃費
2Lガソリン:16.0km/L
2.5Lガソリン:14.8km/L
2.2Lディーゼル:19.0km/L

■マツダ新型CX-5の安全装備
・360°ビュー・モニター
・AT誤発進抑制制御
・MRCC(マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール)
・アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート
・ブラインド・スポット・モニタリング
・リア・クロス・トラフィック・アラート
・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(後退時)
・リアパーキングセンサー(センター/コーナー)
・先進ライト
・車線逸脱警報システム

■マツダ新型CX-5の価格予想
マイナーチェンジする新型CX-5の価格は、300万円前後と予想されます。
新たに搭載される2.5Lターボの追加により価格がアップすると予想されます。

 

マツダ新型CX-8のマイナーチェンジ最新情報

CX-8は2017年12月に発売されてからまだ1年しか経過していません。
2018年12月にCX-8がマイナーチェンジする予想となっております。
発売されて間もないですが、変更点がありますのでご紹介します。

■マツダ新型CX-8の価格
マツダ新型CX-8の価格はまだ公表されておりません。
価格はすべてのグレードで3万円程度の値上げされると予想されます。
ディーゼルモデルは、ガソリンターボエンジンモデルより2万円ほど安くなる予想です。

■新型CX-8の追加
・マツダコネクトにApple CarPlayとAndroid Autoが利用可能
・カメラ性能アップにより自転車や夜間歩行者の認識が可能
・直列4気筒直噴2500ccガソリンターボエンジン追加搭載
・外観(エクステリア)のデザイン変更なし

■内装(インテリア)の変更
マツダコネクトにApple CarPlay(カープレイ)とAndroid Auto(アンドロイドオート)が利用可能になります。

■外観(エクステリア)のデザイン変更
次回のマイナーチェンジでエクステリアの変更が行われると予想されます。

■新型CX-8の先進安全技術

新型CX-8からは、自転車や夜間歩行者の認識が可能になります。
事故などのリスクを最小限に抑えてくれるようにサポートしてくれます。
死亡事故は、昼間に比べて夜間の方が高くなります。
運転手からは、歩行者や自転車に乗っている人が見えにくくなり
事故になるケースが増えております。
自転車や夜間歩行者の認識が可能にることにより、死亡事故につながる事故は減少すると予想されます。

 

マツダ新型アクセラのフルモデルチェンジ最新情報

2019年にマツダ新型アクセラのフルモデルチェンジが発売されると噂されています。
次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」が搭載されると思われます。
SKYACTIV-Xは、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの良いところを融合したガソリンエンジンです。
その他変更予想をご紹介します。

■マツダ新型アクセラの販売価格予想
販売価格はまだ公表されていません。
現行のアクセラよりも30万円ほど高くなると予想されます。

■先進安全技術「i-ACTIVSENSE」をフル装備予想
マツダ新型アクセラには、先進安全技術がフル装備されると予想されます。
未然に事故などが防げるように、安全運転ができるようにサポートされます。

新型アクセラの先進安全技術
・360°ビュー・モニター
・AT誤発進抑制制御(前進時 / 後退時)
・車両逸脱警報システム
・交通標識認識システム
・マツダ・レーダークルーズコントロール
・アダプティブ・フロントライティングシステム
・アダプティブ・LEDヘッドライト
・アドバンスト・スマートシティ・ブレーキサポート
・スマートシティ・ブレーキサポート
・ドライバー・アテンションアラート
・ハイビーム・コントロールシステム
・ブラインドスポット・モニタリング
・リアクロス・トラフィックアラート
・レーン・キープアシストシステム

■外観(エクステリア)
スマートで高級感を出したデザインになりそうです。

■内装(インテリア)
エクステリアと同様に高級感あるインテリアになりそうです。

 

まとめ

マツダの新型車にも続々と先進安全技術が標準装備化されていきます。
マツダ新型アクセラに限っては、先進安全技術がフル装備化されより、安全・安心して運転できるようになります。
特に、カメラ性能向上により自転車や夜間歩行者の認識が可能になり、特に夜間の死亡事故が減少すると予想されます。
マツダの最新技術の搭載により、更に楽しい運転が実現可能になるでしょう。
車の購入検討をされている方は、マツダの最新技術も見ていただくことをお勧めします。

関連記事一覧