あなたの愛車高価買取宣言!

日産リーフNISMO(ニスモ)が2018年7月31日に発売

2018年7月31日に日産リーフNISMOは発売されました。
NISMOらしい走りのワクワク感を提供することを目的に、専用エアロやサスペンション、VCM(ビークルコントロールモジュール)を装備し、スポーツモデル仕様に仕上げられました。
そのためリーフNISMOは、スポーツ性能を高めたことで、航続距離400kmから350kmに短くなってしまいました。
日産自動車は、スポーツEV(電気自動車)としてブランド力をアップし今後も強化していく予定となっております。

■リーフNISMO(ニスモ)の変更点
・専用エアロパーツを採用
・EV(電気自動車)走行システムのセッティングを変更
・スポーツチューニングサスペンション、18インチハイグリップタイヤなどを装備

■販売価格
新型リーフNISMOは、グレード「S」のリーフより約90万円ほど高くなっております。

リーフNISMO:403万2720円
リーフS:315万360円
リーフX:351万3240円
リーフG:399万600円

■ボディサイズ
リーフ NISMOのボディサイズは、ベースとなる「X」グレードよりも全長は「+30mm」長く、全高は「-10mm」低くなっております。

全長:4,510mm
全幅:1,790mm
全高:1,550mm
ホイールベース:2,700mm

■室内サイズ
室内長×室内幅×室内高:2030×1455×1185mm

■新型リーフNISMOのパワートレイン・航続距離とスペック
バッテリー容量:EM57 40kWh(リチウムイオンバッテリー)
最高出力:110kW(150PS)/3283-9795rpm
最大トルク:320Nm(32.6kgm)/0-3283rpm
JC08モードの航続距離:約350km
充電時間:約16時間(3kW)/約8時間(6kW)
80%までの急速充電時間:約40分
駆動方式:FF
車両重量:1520kg

■全9色のボディーカラー
①ブリリアントホワイトパール
②ブリリアントシルバ―
③ダークメタルグレー
④スーパーブラック
⑤ラディアント レッド
⑥ブリリアントホワイトパール/スーパーブラック
⑦ラディアント レッド/スーパーブラック
⑧ブリリアントシルバ―/スーパーブラック【ニスモ専用色】
⑨ダークメタルグレー/スーパーブラック【ニスモ専用色】

■内装(インテリア)専用装備
ブラックを基調とし、アクセントにレッドを使用することで落ち着いた空間を演出しています。
スポーツシートは、高速走行にも安定した操縦感を実現します。

①本革・アルカンターラ巻3本スポークステアリング(レッドセンターマーク、レッドステッチ、ガンメタクローム加飾付)
②電制シフト(Bレンジ付、ガンメタクローム加飾)
③コンビメーター(NISMOロゴ入り、ガンメタクローム加飾)
④インストパネルカーボン調フィニッシャー
⑤エンブレム
⑥レッドフィニッシャー(エアコン吹き出し口、パワースイッチ)
⑦シート地&ドアトリムクロス(レッド&グレー、ツインステッチ付)

■外観(エクステリア)
①LEDハイパーデイライト(車幅灯連動)
②専用エンブレム(フロント/リア)
③フロントグリル
④フロントバンパー
⑤リアバンパー
⑥リアフォグランプ
⑦サイドターンランプ付電動格納式リモコンブラックドアミラー
⑧サイドシルプロテクター

 

日産ジューク・スタイルニスモが2018年8月29日より発売

日産のジューク・スタイルニスモが2018年8月29日に発売されます。
現行モデルの改良はなく、新しいグレードのスタイルニスモのみ追加となります。
e-POWERへのフルモデルチェンジは2019年頃と予想されています。

■専用装備
・エアロパーツ(アクセント / レッドカラー)
・専用アルミホイール
・専用強化サスペンション

■特別色
・ブリリアントホワイトパール
・ブリリアントシルバー
・スーパーブラック

■販売価格
販売価格:約230万前後
※スタイルニスモはベースグレードよりも30万円程度高くなる予想になります。

 

日産新型Fuga(フーガ)が2018年10月発売予定

フルモデルチェンジするFuga(フーガ)の誕生が待ち遠しいと思っていた方に朗報です。
2015年2月のマイナーチェンジから約3年半後・・・。
2018年10月に高級セダンのFuga(フーガ)がフルモデルチェンジすると噂になっております。
安全装備も拡充し、更に安全に運転することが可能になります。

■安全装備拡充
同一車線自動運転技術の「プロパイロット」が搭載されると予想します。
「プロパイロットパーキング」と呼ばれる自動駐車してくれる装備も追加されると予想されています。

・エマージェンシーブレーキ
・前方衝突予測警告
・後側方衝突防止支援システ
・後側方車両検知警報
・車線逸脱警報
・プロパイロットパーキング

■新型Fuga(フーガ)のボディサイズ予想
全長 4,980mm
全幅 1,890mm
全高 1,450mm
ホイールベース 2,900mm
車両重量:1,680kg ~ 2,100kg
乗車定員:5人

■内装(インテリア)
白を基調とする高級感あふれるデザイン

■外観(エクステリア)
インフィニティQ80インスピレーションコンセプトがベース

■販売価格予想
3.5Lハイブリッドエンジン搭載モデル 650万前後との予想
3.0Lターボエンジン搭載モデル 550万前後との予想
2.0Lターボエンジン搭載モデル 490万前後との予想

■エンジン
新開発2.0L 直列4気筒VC-ターボエンジン
新型フーガには2.0LVC-ターボエンジンに置き換えられます

新開発3.0リッターV型6気筒ツインターボエンジン
新型フーガに400馬力仕様が搭載されます。

新型フーガのハイブリッドモデル
3.0L V型6気筒ツインターボのハイブリッド仕様となる予想です。
現行モデルに3.5Lエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車が用意されています。

 

日産新型キューブが2018年末発売予定

現行モデルは、2008年11月にデビューし、販売から10年が経過します。
今回新型キューブが2018年末にフルモデルチェンジを行う予定です。
新型キューブの外観は、スライドドアを搭載するためにボディを一回り大きくすると予想されています。
2015年に公開された「TEATRO for DAYZ」がベースになると思われます。

■ボディサイズ予想
全長:4,200mm
全幅:1,695mm
全高:1,690mm
ホイールベース:2,750mm

■搭載エンジン予想
下記、3種類が予想されます。
①e-power
②HR12DE
③HR12DDR

新型キューブには、「e-power」が搭載されると予想されています。
e-powerの燃費は、34.0km/L~37.2km/Lを記録しております。
新型キューブでもe-power以上の燃費が期待できます。

パワートレインと燃費
ノートに採用されている「HR12DDRエンジン」を改良したエンジンが予想されています。
現行の19.0km/Lから25.0km/Lぐらいまで燃費性がアップすると思われます。

■販売価格予想
3代目キューブの販売価格は162万~203万でした。
新型キューブは、最新技術の搭載により180万~220万の販売価格予想になります。

■注目の先進安全装備
同一車線自動運転技術の「プロパイロットシステム」が搭載される可能性が非常に高いです。
プロパイロットシステムが搭載されると
・自動で車線の中央を走行してくれる
・先行車の走行に合わせて自動で付いて行ってくれる
といったことが実現可能になり、非常に便利な機能が実装されます。
新型キューブを購入するポイントになるのではないでしょうか。

 

関連記事一覧