あなたの愛車高価買取宣言!

車を売る機会は、人生の中でそこまで多くありません。

したがって、車を売却するときは、できるだけ高くで売りたいと思うもの。しかし、自分の乗っている車買取価格や相場をご存知の方は少ないのではないでしょうか?

だから一括査定サイトで複数社の見積もりを受けたり、車買取会社に無料査定を申し込んだりして自分の乗っている車の価格を調べながら、買取査定額が1番高いところに売るのだと思います。

こちらでは、高く売れる車やその他一括査定や車買取会社の、無料査定を受けたユーザ体験等をまとめています。

普通車の買取価格について

普通車を売却する場合、新しい車の方が良いのでしょうか?それとも年式が古くなっても高くで売れるのでしょうか?

車種によって年式が新しくないと売れない車や年式が古くても高く売れる車などがあります。それは、日本国内のマーケットだけではなく海外の中古車相場が関係しています。

具体的に新しい車や古い車の売れやすい車、そして売れにくい車とはどのような車種なのかご紹介します。

高値で売れやすい新古車の普通車とは?

高値で売れやすい新古車の普通車とは、最近では、トヨタプリウスやアクアなどのハイブリッド車そして、ヴィッツやフィットなどのコンパクトカーになるでしょう。

燃費が良い車の人角であるハイブリッド車は、走行距離が10,000キロ以内の新古車に関しては新車とあまり変わらない金額で取引が行われるケースがあります。

これは、人気車種によるもので新車ディーラーに新車の購入を予約をしたとしても5ヶ月から6ヶ月待ちになるケースもあります。

そのため、新車の購入を諦めて新古車を購入しようとする人もたくさんおられます。その場合、新古車の購入するニーズが多ければ多いほど新古車の価格が上がるという仕組みになっています。

新車とあまり変わらない価格といってももちろん新古車の方が安く購入できるわけですから、新古車を購入する人からすると所有者が2人目のオーナーということを除けば

新車とほとんど変わらないので、少し安い価格で購入ができると言うメリットもあるでしょう。

 

高値で売れにくい新古車の普通車とは?

高値で売りにくい新古車の普通車とはグレードの低い商用車のバンタイプなどが挙げられます。ハイエースやキャラバンのように人気車両であれば、高値で取引がされます。

人気がないバンタイプの車に関しては、新車価格より大きく下がった価格で取引が行われるケースがあります。もちろん価格が下がると言っても新車と大きく変わらないケースもあります。

上記でご紹介させていただきました、ハイブリッド車やコンパクトカーなど人気の普通車と比べると、高値で売りにくい新古車とはグレードの低い商用車のバンタイプなどが挙げられます。

ハイエースやキャラバンのように人気車両であれば、高値で取引がされますが人気がないバンタイプの車に関しては新車価格より大きく下がった価格で取引が行われるケースがあります。

もちろん価格が下がるといっても新車と大きく変わらないケースもありますが、上記でご紹介させていただきましたハイブリッド車やコンパクトカーなど人気の普通車と比べると新車との価格差は大きく広がります。

 

高値で売れやすい中古の普通車とは?

中古車の場合は、日本国内のみならず海外のマーケットでの販売相場が売却額に反映するケースがあります。例えば、年式がすごく古くてもトラックやディーゼル車などの場合は

海外で高く取引がされているため、仮に20年前の車や200,000キロ以上の走行の車であったとしても500,000円から1,000,000円などで取引をされるケースすらもあります。

また、日本国内で人気の高いスポーツカーなどは年式が古くなった中古車でも高く取引がされています。

例えば、ランサーエボリューションや日産スカイラインGT-Rなどは年式が、10年から20年位経っていても走行距離が多くても非常に高い価格で取引がされています。

もちろんこのような、車は海外での市場でも人気があり海外輸出によって高く販売されるケースもありますが、コンディションが良い車に関しては、修理をして日本で再販することも非常に多い車となります。

 

高値で売れにくい中古の普通車とは?

高値で売れにくい中古の普通車とは、ドアの枚数が少ない車などが挙げられます。例えば、トヨタ ヴィッツの場合は、ドアの枚数が3つのタイプと5つのタイプがあります。

日本国内では、あまり相場としては関係ありませんが、海外の販売店からすると3つの永遠のタイプの筆はあまり購入意欲が高くありません。

中古車と言っても年式が5年前など比較的新しい中古車の場合は、日本国内で再販されますのであまり大きな価格の減少にはなりませんが、

年式が10年以上経過しているような廃車同然の車の場合は、ドアの枚数が少ない場合は価格が減少することが多いです。またメーカー別で行くと中古車で高値で取引されるのは

トヨタ車が圧倒的に有利でしょう。日本国内でもトヨタ車の販売台数が多い事は言うまでもありませんが、年式が古くなればなるほど海外輸出の販売生の可能性があります。

海外では日本車全体的に人気が高いですが、トヨタ車はその中でも群を抜いて人気が高いため中古車の場合は、トヨタ車が1番高くで売れる可能性があります。

 

軽自動車の買取価格について

最近では、軽自動車の販売台数が大きく伸びている事はテレビやラジオなどのニュースで取り上げられています。

軽自動車は、普通車と異なり基本的に日本国内で販売されることがほとんどですので、新しい年式の車が高く売れ古くなれば買取価格が大きく下がる車でもあります。

それでは、高く売れやすい車種等はあるのでしょうか?軽自動車の価格について調べてまとめてみました。

 

高値で売れやすい新古車の軽自動車とは?

高値で売れやすい新古車の軽自動車と言えば、最近ではホンダ車が圧倒的に強いと言えるでしょう。

昔は箱があるなどを販売している、スズキなどが軽自動車の専門店と言わんばかりに強いイメージがありました。

最近は、ホンダが軽自動車に強いと間違われることを懸念するぐらい、ホンダが軽自動車の販売を伸ばしています。ご存知かもしれませんが、

軽自動車はかなり細かい規定に基づき生産をされているため、軽ワゴン車、通常の軽自動車等、長さが大きく異なると思っておられる方もおられるかもしれません。

軽自動車の長さは決まっているため、長く感じていても一定の基準を超える事はできません。

したがってコンパクトな車として、実際は運転してみると非常に運転しやすかったりすることでお分かりいただけると思います。

さて、新車の時は人気があっても、新古車になると高値で売れる車と言うのはどういう車があるのでしょうか?

最近では、ターボ車が付いたグレードで言うとカスタムと言うグレードの車があります。エヌボックスでもワゴンRでもターボが付いた車に関しては

新車価格が1,500,000円から2,000,000円になるなど普通車、顔負けの価格で新車も販売をされています。

カスタム車は値落ちがしにくく、新古車であれば、新車と同等の価格で売ることができるでしょう。

 

高値で売れにくい新古車の軽自動車とは?

新車の時は、高かったけれど新古車になると、値段が下がるものとして商用車のバンタイプなどが挙げられます。

特にマニュアル車に関しては値落ちがしやすく、新古車といえども新車から値段が下がってしまいます。もちろん数10万円も大きな差があるわけではありませんが

人気のある高く売れる軽自動車と比べれば新車販売価格との価格差は歴然です。

 

高値で売れやすい中古の軽自動車とは?

高値で売れやすい中古の軽自動車とはスズキジムニーなどの車が挙げられます。ジムニーなどは少しマニアックの車として扱われ、

ジムニーを改造する部品が多数開発されて販売されているなど改造も多く行われています。

改造が行われる車と言うのは、新車よりも中古車の方が圧倒的に多いです。したがってジムニーのようにタイヤやサスペンションなども含めて全てにおいて改造が出来るような

車は、中古車であっても値落ちがしにくい傾向にあります。スズキジムニーに限っては年式が10年または20年経過しているような車でも、えっ、こんな価格で売ることができるの?と思うような高値がつくかもしれません。

 

高値で売れにくい中古の軽自動車とは?

中古車となった軽自動車が買取価格がつきにくい典型的な車種としては、ダイハツ ミラのバンタイプなど、ドアの枚数が3ドアの車などが挙げられます。

これは日本国内での再販も難しく、そして海外への輸出も難しい車両となりますので、基本的には買取価格はつかないと考えた方が良いでしょう。

また年式がすごく古くなってくると通常は、廃車費用がかかることがほとんどです。廃車の引き取り費用や手続き料金等をディーラーなどに取られるケースもあると思います。

 

高値で車買取される時期はあるの?

それでは車を売るときに、高値で買取をしてもらえるような時期はあるのでしょうか?

車の価格の相場が変動する時期としては新生活に伴う需要の変動がありそうな気がしますよね。

例えば3月・4月は新生活を行う人たちも多くなるため、普通車や軽自動車 毎にそれぞれ需要が異なるような気がします。実際のところはどうなのでしょうか?

高値で車を売る頃ことができる時期について普通車と軽自動車に分けて調べてまとめてみました。

 

普通車の場合

中古車を売る時には、普通車は海外の輸出マーケットの状況によって買取価格は大きく異なります。海外のマーケットでは輸入したときに、輸入税を国に支払わなければなりません。

この輸入税の変動がある時期と言うのは年末になります。海外のバイヤーたちは11月末から車の購入は控える国があります。そうなってくると、今まで海外へ販売していた車が輸出できなくなるわけですから日本の買取店としても高値を付けにくくなります。したがって年末は、車の価格が少し安くなると考えてよいでしょう。(海外の市場によって女子によって変わることもあり)

年末以外の時期に関しては、新生活と呼ばれる3月・4月に関しても相場の変動時期は特にありません。

普通車の場合は、基本的に海外の市場が車の買取価格の相場を引き上げていると言う考え方もできますので、海外のマーケットによって車の価格が関わると考えても良いでしょう。

 

軽自動車の場合

軽自動車の買取価格が変動する時期としては、新生活に伴う3月~4月の時期に買取価格が高くなるケースがあります。

最近では、新車の販売台数も軽自動車が大きく伸びているように、燃費も良く経済的にも非常に合理的な車として知られています。

したがって4月に新しく転勤した先で車が必要になった人などは、まずは軽自動車の中古車を購入する検討を始めます。したがってたくさんの需要が集まる時期が4月になりますので

車を売る時期としては、2月または3月が高くなる時期とも言えるでしょう。

 

高値で車が売れたユーザー投稿についてまとめてみた

実際に車を売ったユーザの体験談について調べてみました。普通車または軽自動車別に高く売れた時期や高く売れた方法等についてインタビューをしてみました。

 

高値がついた普通車の事例

普通車を売却するときに1番メリットを感じたユーザが多かった、カテゴリとしては廃車のような車であっても海外の輸出ができる車に関しては高くて売れたと言う意見が非常に多かったです。

特にトヨタのハイエースや日産のキャラバンなどのディーゼルタイプの車に関しては、300,000円から1,000,000円の買取額になるなど

新しい年式の車顔負けの買取価格がついて非常にびっくりしたと言うような意見も多数上がっています。

中古車だからと言って、価格が低いまたは年式が古いからと言って査定額がつかないと言う時代はとうの昔に終わっているかもしれません。

このような古い車であったとしても買取価格がつく可能性がありますので諦めずに査定を受けてみることをお勧めします。

 

高値がついた軽自動車の事例

軽自動車を売却したユーザの意見で1番多かったのは、ターボ車などに乗っているユーザの中で外相や内装そしてエンジンなどこまめにメンテナンスを行いコンディションが良い車を売却したケースに当たります。このページでも紹介しましたが軽自動車の場合はターボがついている車は高く売れる傾向にあります。

しかし、ターボがついているが故にターボタービンが故障してしまったりすると白煙が出てその他エンジン関係にも大きな損傷を与える可能性もあります。

ターボがついているから高く売れるのではなくターボがついている車をしっかりと、

こまめにメンテナンスを行い大切に乗っている車は思っているより高くで売れると言うようなユーザからの意見がありました。

 

まとめ

車を高く売却する方法についてご紹介いたしました。
人生の中でそこまで車を売る機会はないですが、愛車をどうせ売るなら高く売りたいものです。
売却前に必ず、愛車の買取相場を把握しましょう。
把握したうえで、一括査定を利用して1番高い買取金額を提示してきたところに売ることをオススメ致します。
無料査定を受けたユーザ体験もご紹介しておりますのでご確認下さい。

 

車買取・査定 豆知識へ

関連記事一覧