あなたの愛車高価買取宣言!

車を売却した時にリサイクル料金が返ってくることはご存じでしょうか?
リサイクル料金について知らないと、実際に返ってくるはずのお金が返ってこないので勉強していきましょう。
コチラでは、リサイクル料金などについてご説明していきます。

近年、インターネットの普及により簡単に車を売ることができる時代になりました。
例えば、一括査定や中古車買取サービス、オークションなどを利用して車を売却する人が増えてきております。

車を売却時にどれぐらいの人が、リサイクル料金を返してもらえているのでしょうか?
ほとんどの方がリサイクル料金を返してもらえていないのが現状です。
つまり、リサイクル料金についての知識がないために、損をしている方がたくさんいます。
リサイクル料金を支払っている車であれば、車を買い取った業者から支払ったリサイクル料金を受け取れます。

 

車を売ると「リサイクル料金」は返ってきます

車を売却した場合、リサイクル料を支払っている車であれば、車買取業者から支払ったリサイクル料金を受け取ることができます。
「車の買取価格」 + 「リサイクル料金」があなたに支払われることになります。
ただし、リサイクル料金を支払っていない場合は、車買取業者からはリサイクル料金を受け取ることはできません。
車を売却するときは、担当者に支払われる金額にリサイクル料金が含まれているか必ず確認しましょう。

リサイクル料金

リサイクル料金について詳しく理解されていない方が多いのでご説明します。

リサイクル料金とは、平成17年1月1日に新しく施行された法律「自動車リサイクル法」によって定められました。
車の車種やエアバックの数、車両重量、エアコンの有無などによってリサイクル料金が異なってきます。
リサイクル料金はおよそ10,000円~15,000円ぐらいと考えておいてください。
リサイクル料金は、廃車にする際の「フロン類回収」や「シュレッターダスト」、「エアバッグ」などのリサイクルにあてられます。

自動車リサイクル法が施行される前に購入した車のリサイクル料金は、払われていないのか心配する方いると思います。
車のリサイクル料金を支払うタイミングは3つあります。
1つ目のタイミングは、新車購入時(平成17年1月1日以降購入した新車)です。
次に2つ目のタイミングは、中古車購入時になります。
最後の3つ目のタイミングは、車検の時にです。

 

リサイクル券

意外と知らないリサイクル券についてご説明します。

リサイクル券は廃車の手続きをする際に必要になります。
リサイクル料金を支払ったときに発行される証明書になります。
リサイクル券は、「A券」から「D券」の4枚の書面になります。
ほとんどの方が、車検証と一緒に保管していることが多いです。

A券:預託証明書(リサイクル券)
車のリサイクル料金が預託されている事を公益財団法人自動車リサイクル促進センターが証明する書面になります。

B券:使用済自動車引取証明書
当該する車が使用済となったときに引取業者が必要事項を記入して最終所有者に交付する書面になります。

C券:資金管理料金
公益財団法人自動車リサイクル促進センターが資金管理料金を受領した事を証明する書面になります。
法人の車の所有者対しては、資金管理料金を費用処理する上での証明書になります。

D券:料金通知書券発行者控
事業者などが所有者にリサイクル料金の額を通知する際に使用する書面になります。
リサイクル料金を通知した後は事業者の控えとなります。

 

リサイクル券の紛失

ごく稀にリサイクル券を紛失されたという方がいます。
リサイクル券を紛失しても、車の売却などに影響はなく、車検時にリサイクル券を提示する必要はないです。
リサイクル券は、再発行することはできませんのでご注意ください。

リサイクル料金検索を行う場合は、車検証(車台番号、登録番号)、またはリサイクル券(リサイクル券番号)を用意してください。
「自動車リサイクルシステム」からリサイクル料金の預託状況を確認することができます。

 

まとめ

車を売ったときは、リサイクル料を支払っている車であれば、業者から支払ったリサイクル料金を受け取れます。
業者から支払われる金額は、「車の買取価格」 + 「リサイクル料金」になります。
必ずリサイクル料金が買取金額に含まれているか確認をしてください。
ほとんどの場合、リサイクル料金が含まれていませんの注意しましょう。
これから車を売却検討されている方は、是非ご参考ください。

関連記事一覧