あなたの愛車高価買取宣言!

車の買い替え時期はいつが良いの?

車の乗り換えをするときは次に購入する車の頭金にしたいため、できるだけ高く売却したいと思われるのでは無いでしょうか。

車を買い換えるときに車を売却するタイミングはいつが1番良いのか、1番高く売れる時期とはいつなのか、

車の乗り換えは頻繁にするものではないため、車を高く売れる時期についてはご存じない方が多いと思います。

こちらでは、これから車を売却をして乗り換えをしようとご検討の方にできるだけお得な情報をお届けしたいと思い下記のようにまとめてみました。

車の買い替え時期とタイミングはいつがベスト?

それでは、車買い替えの時期とタイミングについて具体的に説明をしていきたいと思います。

一般的には初回の3年の車検の時または、2回目の車検5年または3回目の車検7年の時に売却する方が多いのではないでしょうか?

それぞれの売却するときの時期とタイミングによってどの条件が1番良いのかについてまとめてみました。

新車購入から3年(3年車検)

まず、初めに確認していきたいのが新車で購入した場合、一回目の車検時期にあたる3年目です。

自動車の購入する年にもよりますが、どこのメーカーもモデルチェンジなどを行うのは6年に一回程度です。

したがって、モデルチェンジ後に新車としてすぐに購入した場合は、3年後に売却する場合であっても最新モデルとして売却することができます。

中古車を購入する消費者の目線で考えると、できれば一番新しいモデルの車に乗りたいと思うわけですから、最新モデルで売却する場合は高く売れると考えてよいでしょう。

しかし、中古車の価格を決定する場合、もう一つ重要な情報があります。それは、走行距離です。

一年間に1万km程度走行している方であれば、3年間で3万kmを走行していると思います。

中古車価格では、3万kmを超えると相場が下がってくる為、3万km以内で売却することができれば良いでしょう。

中古車として売却する場合は、新車で購入した価格よりは下がりますが、車種によっては、新車から3年が経過し、

3万km程度走行している車の場合、新車価格(車両本体価格)の80%以上で売却できるケースもあります。

あくまでも車両本体価格の80%ですので、もし追加オプションを取り付けた場合は、その分も比例して査定額が増額となるとは限りませんので注意が必要です。

新車購入から5年

続いて、新車購入から5年が経過した頃に売却するケースを確認していきましょう。

新車から5年が経過というと、新車購入から2回目の車検時期(一回目は新車購入から3年目)となります。

新車購入から5年が経過すると、乗っている車のモデルチェンジまたはマイナーチェンジが行われているかと思います。

いわゆる、最新モデルではないと思います。

上記でも説明しましたが、購入する消費者目線で考えると、できるだけ新しいモデルに乗りたいと思うものですよね。

したがって、モデルチェンジやマイナーチェンジが行われると、旧モデルの価格は少なからず減額となります。

走行距離も5万km程度走行している場合は、査定額としても減額幅として大きくなります。

でも、ご安心下さい。

新車購入から5年が経過し、走行距離が5万kmを超えていたとしても、新車価格の60%~70%程度で売却することができます。

走行距離が少なければ、もっと高く売却できるようにもなるでしょう。

でも、新しい車から旧式モデルへと変わっていく時期でもありますので、車両コンディション(エンジンや外装内装)の状態によって査定額が大きく変わることを頭に入れておきましょう。

3回目の車検を迎える7年目

最近では自動車の保有台数が長期化していますので、新車購入から7年が経過しても継続車検を受ける方も多いと思いますが、以前は新車購入から7年経過した時期(3回目の車検時期)に売却される時代もありました。

この車検から7年経過して売却する場合は、車両の走行距離やコンディションによって大きな価格差が出ます。

毎年たくさん車を乗る方は、走行距離が10万kmを超えることもあり、外装内装の状態もそれぞれ異なります。したがって、車両コンディションが良い車と、そうでない車の価格差は1.5倍程度変わってくることさえあります。

いずれにおいても、自動車を購入してから大切に乗られてきた車は売却する時に高くで売れますので、普段からの整備や気遣いが大切と言えるかもしれません。

13年を超えると自動車税 割り増し

新車購入から13年を経過すると、自動車のかかるコスト(自動車税・重量税・予防整備)が増加する時期にもなります。

自動車の故障も増え、車両コンディションによっては廃車となるケースもあるのではないでしょうか。

特に、軽自動車で多走行車の場合は査定額が大幅に減少するケースがほとんどで、なかなか査定額は付かないことが多いです。

走行距離とメンテナンス費用から考える車買い替えのタイミング

車を買い替えようとするタイミングはいつ?

例えば、家族が増えてファミリーカーにする、新しいモデルの車が発売された、故障などが増えて維持費が高くなってきた、等など、さまざまな理由があると思いますが、

最近ではレンタカーやカーシェアリングの普及もあって、新しいモデルの車が発売されたからといって新車を購入する方も昔と比べて少なくなりました。

どちらかというと、家庭の家計に合理的な車を選択するようになり、燃費が安い、税金が安い、故障が少ないなど、お金がかからない車を望む方が多くなってきています。

その典型的なデータとして、軽自動車の販売台数が大幅に増加していることが挙げられます。

軽自動車の販売台数の増加は、確かに自動車メーカーの努力によって乗りやすく性能も上がり、万人受けする車へと変化していることも大きな理由と言えます。

しかし、それに拍車をかけているのはなんといっても軽自動車は普通車に比べてお金がかからないという経済的に合理的であることは言うまでもありません。

しかし、自動車は機械物ですので製造から年数が経ち、走行距離が多くなれば故障が増えてくるものです。

したがって、そのタイミングで売却しようとする方も多いはず。

その場合の査定額などについてまとめてみました。

走行距離の目安 軽自動車は8万km

軽自動車で何らかの故障が多くなり、メンテナンス費用が高くなるのは、走行距離が8万kmを超えたときと言われています。

走行距離が8万kmを超えてきたときに、ターボタービンから白煙が出たり、エンジン異音が出てきたり、オートマやミッションの滑りが出てきたりします。

そのような大きな故障の場合は乗り換えをしようと思う方も多いかもしれませんが、小さな故障の場合は、修理をするケースも少なくないので、フタをあけてみれば維持費が多くかかっていたというケースもあります。

したがって、軽自動車で8万kmを超えるときは少し要注意です。

尚、メンテナンス費用が高くなってから車を売却しても、なかなか高くで売ることはできません。

当然、車種によっては高値がつくケースもありますが、同じ車種ごとに比較すると査定額は減額されていくと思いますので、大きな期待はできなくなります。

走行距離の目安 普通自動車は10万km

普通車でメンテナンス費用が高くなるタイミングは、走行距離が10万kmを超えた時と言われています。

最近では、10万kmを超えても現役で走っている車もたくさんあります。

しかし、メンテナンス費用という観点では、どうしても高くなってくるでしょう。

普通車も軽自動車と同様で、10万kmを超えると維持費が高くなる事は皆様ご存知の通りですので、

売却のタイミングとしては決して高く売れるタイミングとはいえません。

まとめ

『車の買い替え時期とタイミング』についてご紹介させて頂きました。
車を買い替える時期やタイミングによって、車の買取金額が大きく変わってきます。
損をしない為にも、これから車を売却して乗り換えをしようとされている方は、是非参考にしてください。
どうせ車を売却するなら、高値で買い取ってもらいましょう。

車買取・査定 豆知識へ

関連記事一覧