あなたの愛車高価買取宣言!

車を一番高く売却する為に時期やタイミングはいつが良い?

車を売却するならできるだけ高くで売りたいですよね。どの時期に売却するのが1番高く売れるのでしょうか?

車の査定額は、年式や走行距離やコンディション、又は最新モデルであるかどうか等が関係していると言われていますが、実際は高く売れる時期やタイミングはいつなのでしょうか?

車を売却する時期(季節)や初年度登録からの年数の経過など損をしない売却方法についてまとめてみました。

 

車を売却するベストな時期とタイミングとは?

車を売却するタイミングや時期と言うものはわかりやすく一言でまとめると、購入者のニーズが多い時となります

例えば、食に関しては購入者が1番多い時期が良くて、モデルチェンジ等が行われる場合に関しては、そのモデルチェンジが行われる前など購入意欲が高い時が1番高くで売れます。

その一つ一つについて、細かくまとめてみましたのでご確認ください。

 

車買取業者が最も買いたい1月~2月

車買取業者が1番車が必要な時は1月から2月と言われています。これは単身赴任や転勤そして新社会人といったように4月から新生活が始まる人向けに車を販売することができるからです。

また新生活でない人でも新しい年度で実入ることによって事業者であれば今年度は頑張って売り上げを上げようと言うような意欲が増す時期でもあります。

これらの購入意欲が増える時期と言うのは車の販売価格を落とさなくても車がどんどん売れて行きますので車の買取業者はたくさん車を必要とします。

また在庫としての売れ残りリスクが少ない車に関しては通常の時期の買取価格より高く売れる可能性があると言ってよいでしょう。

 

フルモデルチェンジ前

モデルチェンジがあると新しいモデルになったらやはり車を購入する人たちは新しいモデルの車を欲しくなります。

したがって、もしモデルチェンジが発表されたらモデルチェンジ前に車を売却するのが高く売れるでしょう。

ただし、モデルチェンジが行われた後でも高く売れるケースがあります。それは、人気車種等によっては納車が非常に遅くなるケースもあるため、

その場合はモデルチェンジが行われた後でもモデルチェンジの前の車が高く売れると言うケースもあります。

 

査定額に影響する走行距離や年式

査定額が大きく落ちてくるのは、初年度登録から3年以上が経過した場合がまず第一段階そして5年以上が経過した場合が第二段階となります。

これは、走行距離にもよって変わってきますが、一般的に1年で5,000キロ走行する場合は、3年で15,000キロとなり5年で25,000キロとなります。

30,000キロ以上走行した場合に関しては査定額が大きく下がってきます。

また上記のようにモデルチェンジも3年と5年で変わってきますので、そのタイミングも関係しているとも言えるでしょう。

 

自動車税を支払う前

自動車税に関しては、毎年4月1日の所有者に課税され、5月の下旬までに納付しなければなりませんが、自動車税の納付の有無によって査定額は異なりません。

したがって自動車税に関してはあまり気にすることはありません。

 

車検の1~2ヶ月前

古い車や走行距離が多い車に関しては、車検が切れる前に売却した方が良いですが、高額車両に関しては車検の有無は査定額に与える影響はほとんどありません。

したがって、車検が残っている間に売却しなければならないと言うこともないと思います。

 

車を売却する際の手続きと注意点

車は誰でも高く売りたいものですよね?

ただし、場合によっては車の売却ができないケースがあります。どういったケースがそれに該当するのでしょうか。

車の売却するときの注意点などについてまとめてみましたのでこれから車を売却する方はしっかりと確認をした上、もし必要な手続きがあれば早めに行うようにしましょう。

 

自動車税未払の場合

まず、中古車の売却する際の必要書類として自動車税の納税証明書があります。自動車税が未納の場合は通常車買取査定額から差し引きされて支払われます。

またもし、車がローン外車の所有者であった場合は、所有権解除の書類を取り寄せるためには、自動車税の納税証明書が必要書類として提出しなければなりません。

したがって、自動車税は必ず納付するようにしておきましょう。最悪のケースになると自動車税が滞納期間が長くなると差し押さえ等を行われているケースがあります。

もし差し押さえされていた場合は、車の名義変更や抹消登録の手続きをりくうん局で行うことができないため車が売却できないと言うことになります。

 

ローン残債がある場合

ローンの残滓がある場合でも車の売却をすることはできますが、車の名義変更や抹消登録の必要書類として所有権解除の書類と言うものがあります。

この所有権解除の書類とは所有者の印鑑証明書と譲渡証明書と委任状です。

 

したがって、車買取専門店などから査定額が出た後にローンの残滓より査定額の方が上回っている場合は、

車買取専門店からローン会社に買取代金の一部を支払ってもらい所有権解除の書類を発行してもらうと言う手順になります。

 

自動車保険の中断手続き

自動車保険の手続きについては、まず自賠責保険につきましては名義変更等をすることはできますが、

通常車の売却を行う際に、車買取専門店などは、すべての権利を込みで買取をするケースがほとんどです。

したがって自賠責保険の名義変更などはできないと考えておきましょう。もう一つの保険の手続きとして新保険の手続きがあります。

新保険の手続きはそれぞれの新保険会社に確認をして手続きを行うようにしましょう。

まとめ

車を売却する時期・タイミングと手続きについてご説明しました。
車を売却するタイミングや時期は、購入者のニーズが多い時となります。
モデルチェンジ前に車を売却するなど、常に買取相場を把握して、ベストなタイミングで売却しましょう。
出来るだけ高値で買い取ってもらいましょう。

 

車買取・査定 豆知識へ

関連記事一覧