あなたの愛車高価買取宣言!

車の買取で下取りと一括査定どちらがお得?

車を売る時は、乗り換えをする方が多いと思います。新車を買い換える時はトヨタや日産、そしてホンダなどの新車ディーラーから下取り提案をされます。

その下取り価格と車買取会社による査定とでは、どちらが高いのでしょうか?その価格の差について調べてみました。

下取りの価格について

新車ディーラーが査定をして、下取り価格をお客様に提示する場合は、新車の納車時期によって大きく異なります。

もちろん車の車種や年式そして走行距離、エンジンや外相等のコンディションによって、査定額が大きく変わる事は言うまでもありませんが、

それよりも、新車ディーラーが下取り価格を出すときに重要視するのは納車の時期までの期間です。例えば納車までの期間が長い場合においては、一般的な中古車相場の70%から80%程度の下取り価格しか提示をすることができません。

これは数ヶ月納車までの期間がかかる場合などもあり、特に人気車種のモデルチェンジの場合においては、新車の購入の予約が殺到するケースがあります。

その場合においては、3ヶ月から4ヶ月程度の納車待ちになるケースがあり下取り査定をした時の価格と3、4カ月先の価格自体を月間の割引率でかけて下取り価格を算出しています。

したがって納車までの期間が少ない場合は、下取り価格は中古車相場に近く、納車までの期間が長い場合は中古車相場より相当低くなると考えてよいでしょう。

一括査定の価格について

一括査定に参加する買取会社は車買取専門店が主になります。車買取専門店の査定価格の付け方は現時点での車の相場を確認し、売却時期に応じて相場変動を読み取ります。

新車ディーラーの下取り価格の付け方と大きく異なる点は、決まった割引率などがあるわけではなく、相場の変動がなさそうな車種に関しては特に割引をすることなく

現時点での査定額が、一括査定の買取価格となります。もちろんそれぞれの車買取専門店の方針によって異なる可能性もあります。

関連記事一覧