あなたの愛車高価買取宣言!

車の下取は買取店よりも買取額が安いのかご存知でしょうか?
コチラでは、車の下取は買取店よりも買取額が安い理由についてご説明します。
車の売却検討されている方は、是非ご参考ください。

下取りと買取り

「下取り」と「買取り」の違いを理解している人は少ないと思われます。
「下取り」と「買取り」の違いについてご説明いたします。

下取り

「下取り」は、新しい車購入する際に、今まで乗っていた車を購入する販売店に売却することです。
売却したお金は、購入する車の代金に充てられます。
現金のやり取りは発生しませんので注意してください。
下取り価格は、各販売店が用意している下取り基本価格を基に、買取金額を決めております。
車のキズなどがあれば減額対象となり、買取金額は下がります。
「下取り」のメリットは、車を購入する販売店で下取りの契約手続きまでできるので、手間がかからないという点です。
また、購入する車の納車と同時に引き渡せるので、毎日通勤などで車を使っている方には非常にメリットがあります。

買取り

中古車買取専門店などに、車の査定・見積りを依頼し売却することを言います。
約10年ぐらいまでは、車の買い替えの際は下取りに出すことが常識でしたが
最近では、一括査定サービスなどが普及し、インターネットからも簡単に申し込めるため
一括査定を利用される方が増えてきました。
一括査定は、複数の買取業者同士を競い合わせることで買取金額が跳ね上がる仕組みになっております。
買取り価格は、業者オークションの買取相場を基準にしております。
装備やオプションなども評価の対象になり、プラス査定になるケースが多いです。

ディーラーの下取りは損する?

結論から言うと、「下取り」は「買取り」より損をすることが多いです。
「下取り」がなぜ損をするのかコチラで説明していきます。

買取りと違い競争の影響を受けない

一般的にどんな商品であれ、競合他社が多くなければ競争は激しくなります。車業界でも同じことが言えます。
激しい競争は、競合他社と差別化を図るために、買取金額を他社より少しでも高くして車を買い取ります。
しかし、「下取り」は「買取り」と違い、取り扱っている車を販売することが目的になります。
中古車買取業者のように競争をして車を買う必要がありません。
そもそも、中古車買取業者とディーラーは戦っている土俵が違います。

買取りと違い再販するモデルではない

ディーラーは、取り扱っている車を販売することで利益を上げています。
中古車買取業者のように車を買取り、買取った車を再販して利益を上げるビジネスモデルが
確立しているわけではありません。

買取りと違いオプションパーツが査定に加味されない

中古車買取業者に車を買取ってもらう場合、オプションパーツがプラス査定されることが多いです。
ディーラーの下取りは、残念ながら高価なオプションパーツだからといって、買取金額額に反映することはほとんどないです。
先程もご説明しましたが、ディーラーは再販で収益を上げようとしているわけではなく、取り扱っている車を販売することで利益を上げることが目的になります。

まとめ

下取りは買取店よりも買取額が安いのかご説明させて頂きました。
ディーラーは再販で収益を上げようとしているわけではなく、取り扱っている車を販売することで利益を上げることが目的になります。
「下取り」と「買取り」は戦っている土俵が異なりますので、車を高く売却されたい方は、「買取り」で売却することをオススメします。

関連記事一覧