あなたの愛車高価買取宣言!

車の買取査定額に響く『修復歴』の本当の意味をご存知でしょうか?
コチラでは、車の買取査定額に響く『修復歴』の本当の意味についてご紹介いたします。

『修復歴』の本当の意味は?

『修復歴』についてご説明いたします。
日本自動車査定協会などで『修復歴』の定義が決められておりますので
ご紹介していきましょう。

修復歴とは?

「修復歴」とは、車の骨格(フレーム)「ボディ」を修復(修正・補修)・損傷させた車のことをいいます。
これは、日本自動車査定協会などで全国統一の基準として定義されています。
具体的には、以下の9か所に修復(修正・補修)・損傷があると買取査定で「修復歴車(事故車)」として扱われ
買取査定額に響くポイントになります。

買取査定額に響くポイント

  1. フレーム
  2. ダッシュパネル
  3. ルームフロアパネル
  4. フロントクロスメンバー
  5. ラジエターコアサポート
  6. フロントインサイドパネル
  7. ルーフパネル
  8. トランクフロアパネル
  9. ピラー

修復歴扱いにならないケースとは

事故や修理した場合、すべてが修復歴扱いになるわけではありません。
骨格部がらボルトで外れるものは交換しても修復歴にはなりません。
たとえば、以下のような場合です。

  • エンジンの交換・載せ替え
  • バンパーやフロントフェンダーの交換
  • フロントやリアウインドウの交換
  • 運転席や後部座席のドア交換
  • 車両ボディの全塗装

このような事故や修理の場合、車の骨格(フレーム)部分には影響を及ぼしていないため、修復歴車(事故車)とはなりません。
塗装修理なども車の走行には関係がないため、修復歴車(事故車)として見なされることはないです。
つまり、車の骨格(フレーム)が損傷を負っているかどうかが、修復歴車(事故車)として扱われるかどうかを決めるのです。

修復歴扱いになるケースとは

修復歴扱いになるケースとは、どのようなときでしょうか?
例えば、以下のような事故の場合は、修復歴車(事故車)扱いとなります。
買取査定時に減額されます。

玉突き事故に巻き込まれ、車の後方(または前方)部分が損傷した。
上から物が落ちてきたなどで車の屋根部分が凹んでしまった。
乗り上げてしまい、ルームフロアパネルが凹んでしまった。

まとめ

車の買取査定額に響く『修復歴』についてご紹介いたしました。
車を売却検討されている方は、修復歴扱いにならないケース・修復歴扱いになるケースをしっかり把握しておきましょう。
修復歴扱いになる車を査定に出す場合、買取査定金額が減額されるます。
車の買取相場や車のアピールポイントを把握して、人気度や需要を評価してくれる買取店で査定してもらいましょう。
少しでも高く売れるように努力しましょう。

関連記事一覧