あなたの愛車高価買取宣言!

特殊車両の買取は可能なのでしょうか?
一般的に知られていない特殊車両についてご説明します。

 

特殊車両の定義と種類とは?

特殊車両の定義と種類をご存知でしょうか?
こちらでは、特殊車両の定義と種類についてご説明します。

特殊車両の定義

特殊車両とは、道路法47条、車両制限令第3条で定められた、「一般的制限値」と呼ばれる道路を通行する車両の最高限度を超えた車両をいいます。
荷物を積んだ状態で「一般的制限値」を超える車両になります。

第47条の二
道路管理者は、車両の構造又は車両に積載する貨物が特殊であるためやむを得ないと認めるときは、
前条第二項の規定又は同条第三項の規定による禁止若しくは制限にかかわらず、
当該車両を通行させようとする者の申請に基づいて、通行経路、通行時間等について、道路の構造を保全し、
又は交通の危険を防止するため必要な条件を付して、
同条第一項の政令で定める最高限度又は同条第三項に規定する限度を超える
車両(次条第一項及び第七十二条の二第一項において「限度超過車両」という。)の通行を許可することができる。

 

一般制限値とは

道路は、一定の構造基準により作られています。そのため、道路法では道路の構造を守り、交通の危険を防ぐため、
道路を通行する車両の大きさや重さを次のとおり制限されております。
この制限のことを「一般的制限」といい制限値のことを「一般的制限値」といいます。
簡単に言うと一般制限値とは、この値を超えると特殊な車両ですよという値です。
この値を一つでも超えると特殊車両になります。

一般制限値
幅:2.5メートル
長さ:12.0メートル
高さ:3.8m
総重量:指定道路(最大)25.0トン、その他道路一律20.0トン
軸重:10.0トン
隣接軸重:18.0~20.0トン
輪荷重:5.0トン
最小回転半径:12.0メートル

 

ここでいう車両とは、人が乗車し、または貨物が積載されている場合にはその状態におけるものをいい、
他の車両をけん引している場合にはこのけん引されている車両を含みます。(車両制限令第3条)
なお、高速自動車国道または道路管埋者が指定した道路(指定道路)を通行する車両の総重量は、
次に掲げる値となっています。(幅、長さ、高さの最高限度は一般的制限値と同じ)

総重量20トン 最遠軸距が5.5メートル未満
総重量22トン 最遠軸距が5.5メ‐トル以上7メートル未満で、貨物が積載されていない状態で 長さが9メートル以上の場合。9メートル未満は20トン
総重量25トン 最遠軸距が7メートル以上で、貨物が積載されていない状態で長さが11メー トル以上の場合。9メートル未満20トン、9メートル~11メートルは22トン

特殊車両の種類

トラッククレーン車
バン型セミトレーラ
タンク型セミトレーラ
幌型セミトレーラ
コンテナ用セミトレーラ
自動車運搬用セミトレーラ
あおり型セミトレーラ
スタンション型セミトレーラ
船底型セミトレーラ
海上コンテナ用セミトレーラ
重量物運搬用セミトレーラ
ポールトレーラ

その他

 

特殊車両の通行許可申請と罰則

道路は、一定の構造基準をもとに車両が安全・円滑に通行できるようにつくられています。
道路法では、その構造を守り、交通の危険の防止の観点から、一定の制限値を超える車両は原則として道路の通行はできないことになっています。
道路管理者が許可をした場合に限りそれらの車両は道路を通行することができるというのが、特殊車両通行許可制度です。

許可なくまたは許可条件に反して特殊な車両を通行させた者、
または道路監理員の命令に違反した者などに対しては、罰則が定められています。
この罰則は、違反した運転手ばかりでなく、事業主体である法人または事業主も、同じように科されます。
車両の通行が禁止または制限されている場合、これに違反して通行させた者、許可条件に違反した者は
・6箇月以下の懲役または30万円以下の罰金(道路法第103条第4項)
道路管理者または道路監理員の通行の中止などの命令に違反した者
・6箇月以下の懲役または30万円以下の罰金 (道路法第103条第5項)
車両の幅、長さ、高さ、重さ、最小回転半径などで制限を超える車両を道路管理者の許可なく通行させた者、または許可条件に違反して通行させた者は
・100万円以下の罰金 (道路法第104条第1項)
特殊な車両を通行させるとき、許可証を備え付けていなかった者は
・100万円以下の罰金(道路法第104条第2項)
車両の幅等、個別的に制限されている道路に車両を通行させて、通行の中止、総重量の軽減、徐行などの道路管理者の命令を受けながら、それに違反した者は
・50万円以下の罰金(道路法第105条)
法人の代表又は法人若しくは人の代理人、使用人その他従業者が、違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人または事業主に対しても同様の罰金を科する(道路法第107条)

 

特殊車両や特殊自動車の買取事例

特殊車両や特殊自動車の買取事例をご紹介します。

 

圧雪車・雪上車 買取事例

ハイエース グランドキャビン ハイパーデルタV3装着車両
価格:\3,000,000(税、リサイクル料、自動車税別)
型式:KH-KZH120G改
年式:平成12年12月式
走行距離:140,500km
車検:平成30年
エンジン:3.0リットル ディーゼルターボ
乗車定員:10名
エアコン(雪上車仕様の為、配管のみはずしていま す。別途、再生可能です)
※ハイパーデルタV3装着時は、公道外走行専用車となります。タイヤ装着時は公道走行可能です。

ハイエース グランドキャビン ハイパーデルタV3装着車両
価格:\4,000,000
型式:KH-KZH120G改
年式:平成12年4月式
走行距離:39,850km
エンジン:3.0リットル ディーゼルターボ
乗車定員:7名
エアコン(雪上車仕様の為、配管のみはずしています。別途、再生可能です)
※ハイパーデルタV3装着時も、公道走行可能車両となりますがその場合は別途、対応車検整備及び車検が必要となります。

ハイエース コミューター ハイパーデルタV3装着車両

価格:\4,300,000(税、リサイクル料別)
型式:KR-KDH227B
年式:平成17年11月式
走行距離:160,000km
エンジン:2.5リットル ディーゼルターボ
乗車定員:15名
スキーラック付き
ハイパーデルタV3ユニットは平成20年製造のモデ ルとなります。
※ハイパーデルタV3装着時は、公道外専用車両となります。タイヤ装着にて車検受け可能となります。

 

ATV、水陸両用車、二輪車他 買取事例

ミツビシ ミニキャブ トラック4WD ライトフットEZ装着車両
価格:\2,000,000
型式:GBD-U62T
年式:2009年
走行距離:48,500km
※車高は、クローラーユニット装着対応の10cmアップに改造済みとなっております。
※オールランドタイプのクローラーシステム ライトフットEZ(ロングキャタ仕様)は2018年モデル新品を装着いたします。
※公道外専用車両となりますので、スキー場内、ゴルフ場内、閉鎖道路等でご使用下さい。

サンワ ゴムクローラー運搬車 クロールマン
価格:\500,000
型式:2001-H1
車台番号:110003
全幅:1860mm
全長:3440mm
※雪用 450mmワイドキャタ仕様
※荷台高は低床 58cmとなります。

四輪バギー アークティックキャットUTV アークティックキャットクローラー装着車両
価格:\2,000,000
車名:PROWLER 700XTX
年式:2013年
走行距離:220km
エンジン:4ストローク 700cc
乗車定員:2人
オートマチック・トランスミッション

水陸両用バス
価格:\6,000,000 ~
メーカー:GMC
排気量:6210cc、ディーゼルエンジン
全長:9.45m
全幅:2.49m
全高:3.46m
乗車定員:26人
オートマチック・トランスミッション
フロントはディスクブレーキに改造済み

水陸両用バス
価格:\6,500,000 ~
メーカー:GMC
排気量:6210cc、ディーゼルエンジン
全長:9.55m
全幅:2.50m
全高:3.28m
乗車定員:26人
オートマチック・トランスミッション
フロントはディスクブレーキに改造済み

水陸両用車 MAX IV
価格:¥350,000
水陸両用車。4人乗りです。
エンジン不動、部品取り車両として販売いたします。

除雪機・除雪装置 買取事例

ホンダ 大型ロータリー除雪機
価格:¥700,000
型式:HS2411Z
年式:平成23年(2011年)
除雪幅:110cm
ガソリンエンジン
チルト、ローリング、シュートは全電動

WADO(ワドー) 小型ロータリー除雪機
価格:¥100,000
セルモーター付き ※セル一発で始動の実動品です。
ガソリンエンジン
除雪幅:75cm
型式:SS80

価格:¥2,000,000
除雪幅: 900mm
平成7年式
歩道除雪可
前進後進他、全油圧式

ATV、水陸両用車、二輪車他 買取事例

海岸清掃機 RAM
価格:¥1,700,000
サイズ:L205 x W110 x H95 cm
作業幅:100cm
作業深さ:5cm
作業能力:3.1 – 4 m^3/h
バケット容量:108リットル
エンジン:ガソリン 4ストローク 6HP
砂を掻き揚げ、振動フレームを介してスクリーニングを行い、砂だけを落とします。

まとめ

特殊車両は、さまざまに存在しており特別な使用目的に合わせて作られた専用車両ですが、
例を挙げれば建設機械、農耕機、保冷や冷凍車、トラックなどの荷台や昇降機などが取り付けられた車両や、
乗用車としては車椅子に座ったまま乗り降りできる車椅子移動車両などの福祉車両などと身近に多く存在します。
これらの業務用の営業車両は、リース期間などが終わると一定の売却方法で一般に売却されます。
国や地方公共団体の場合は。公示を経て競争入札などで一般に落札されていきます。個人や企業が特殊車両を売却する場合は、
特殊車両を専門に取り扱う中古自動車販売店や買取り業者を通したほうが高値で売却できる可能性がございます。
販売ルートを確保している中古車買取業者を見つけることが大事です。

関連記事一覧