あなたの愛車高価買取宣言!

トヨタの伝説のラクシックカーといえば「トヨタ2000GT」です。
トヨタ2000GTは、1960年代の日本の自動車工業の技術的な頂点を示す象徴でした。
国産車の技術水準を広く世界に示し、トヨタの企業イメージ向上に大きく貢献した車になります。

当時の車の最高スピードは150km/h程度に対して、2000GTは220km/hを超えるスピードでした。
トヨタは、高速耐久性テストをする場所を求めてレースに参戦し、数々の記録を樹立しました。
当時、007シリーズ5作目の作品となる「007は二度死ぬ」でボンドカーとして登場し大変話題になりました。

 

トヨタとヤマハ発動機の共同開発によって生まれた2000GTの凄さ

トヨタとヤマハ発動機の共同開発によって2000GTが生まれました。
トヨタが主導で2000GTの開発が行われ、パワーユニットの開発や高性能化、シャーシボディの設計をヤマハが担当しました。
短期間で世界トップレベルの車にするために、レースに参戦し数々の世界記録や国際記録を樹立しました。

 

トヨタ2000GTのスペック

寸法と重量
全長×全幅×全高(mm) 4175×1600×1160
ホイールベース(mm) 2330
トレッド前/後(mm) 1300/1300
最低地上高(mm) 155
車両重量(kg) 1220
前輪配分(%) 50.5

エンジン
エンジン型式3M型 水冷直結6気筒DOHC
総排気量(cc) 1988
ボア×ストローク(mm) 75×75
圧縮比 8.4
最高出力(ps/rmp) 150/6600
最大トルク(kgm/rmp) 18.0/5000
燃料供給装置 ソレックス型3連キャプレター
燃料タンク容量(ℓ) 60

足まわり
駆動レイアウト FR
サスペンション前 ダブルウィッシュボーン型
サスペンション後 ダブルウィッシュボーン型
ブレーキ前 φ280mmディスクブレーキ
ブレーキ後 φ266.5mmディスクブレーキ
タイヤ 165HR15
ホイール 5インチMg合金鋳物

性能
最高速度(km/h) 220(推定)
巡航最高速度(km/h) 205
0-400m 発進加速(秒) 15.9
最小回転半径(m) 5.0

3つの世界新記録樹立

種目 記録(km/h) 過去の記録チーム 過去の記録(km/h)
72時間 206.02 フォード・コメット 202.21
15000km 206.04 フォード・コメット 201.75
10000Mile 206.18 フォード・コメット 200.23

 

13つの国際新記録樹立

種目 記録(km/h) 過去の記録チーム 過去の記録(km/h)
6時間 210.42 クーパー 202.39
1000Mile 209.65 ポルシェ 186.59
2000km 209.45 ポルシェ 186.13
12時間 208.79 ポルシェ 186.25
2000Mile 207.48 トライアンプ 164.15
24時間 206.23 トライアンプ 164.23
5000km 206.29 トライアンプ 164.91
5000Mile 204.36 トライアンプ 164.94
48時間 203.80 トライアンプ 165.02
10000km 203.97 トライアンプ 164.53
72時間 206.02 トライアンプ 153.09
15000km 206.04 AC 121.889
10000Mile 206.18 ヤッコ・ロサリエⅦ 111.203

 

まとめ

トヨタの伝説のラクシックカーは「2000GT」と言えるでしょう。
これまで、3つの世界記録と13つの国際記録を樹立した国産車はないでしょう。
常にレースに参戦し技術を高め、日本の自動車技術を世界に示してきました。
このときからトヨタは世界を代表する自動車メーカーとして最先端を進んできましたと思われます。
21世紀になっても2000GTは今だに人気は衰えることなく生き続けています。
50年前の古い車になりますがビックリするぐらい高値で取引されています。
2000GTは、世界に誇る日本の伝説のラクシックカーです。

関連記事一覧