あなたの愛車高価買取宣言!

車の買い替えを検討されている方で、ディーラー下取りまたは、買取業者に売却するべきか悩まれている方も多いでしょう?
一般的には、下取りに出すより、買取業者へ売却したほうが高く売れると言われています。
実際に、ディーラーへ下取りを出した場合、メリットはないのでしょうか?
今回、ディーラー下取りのメリット・デメリットや注意点についてご紹介しております。
下取りに出したほうが得する場合の方もいると思いますので、ご参考ください。

ディーラー下取りのメリットとデメリットとは?

新車に乗り換えをする方のほとんどはディーラーの下取りの査定を受けるのではないでしょうか?

車を売却する時は、ディーラーの下取りに出す方が得なのでしょうか?

それとも他の買取店などに行った方が良いのでしょうか?

メリットやデメリットもまとめてみました。

 

ディーラー下取りのメリットとは?

ディーラーに下取りを出すメリットとして、大きく2つあるのではないでしょうか?

まず1つ目は新車ディーラーは、他の車買取専門店や販売店より信用できると言う方が多いと思います。

トヨタやホンダなど日本を代表する企業が多い自動車メーカーですので、

契約後のトラブルにおいてもしっかりと対応をしてくれるであろうと言うような信用をしてる人も多いと思います。

もう一つの大きなメリットは、手間がかからないことだと思います。

 

ディーラー下取りのデメリットとは?

ディーラーの下取りのデメリットとしては、査定額が低くなる可能性があることと言われています。

例えば、新しく買う車が当月に納車される場合に関しては、車買取専門店とディーラーの査定額は大きな開きはありません。

納車待ちの期間が3ヶ月や4ヶ月など長期間である場合は、下取り査定額が非常に低くなるケースがほとんどです。

これは数カ月先になると相場変動も大きく査定額が下がる可能性があるためそこを見込んで安い価格となっているようです。

 

ディーラー下取りを行う注意点とは?

ディーラーの下取りと言うと手間がかからずそして信用できる会社に任せることができるためメリットが大きいように思います。

上記でも説明をしました通り、車を高くで売りたい人にとってはデメリットの方が大きいかもしれません。

ディーラーに下取り依頼を出すときの注意点を3つまとめてみました。

 

ディーラー下取りは、車買取店、買取専門店へ売るのに比べると、低い査定額になるの?

実際にディーラーと車買取専門店が見る車の相場表は基本的には同じものになります。

したがって、ディーラーの査定額は車買取店も出すことができ、車買取専門店の査定額はディーラーも出すことができると考えてよいでしょう。

なぜ、ディーラーと車買取専門店の査定額が大きく違うのでしょうか?

車買取店より査定額が低い価格になるケースとして新車の納車待ちの期間が長いなどの理由が挙げられます。

上記でも説明をしました通り、納車待ちが長いものに関しては相場の変動や下落も考えられますので、そのリスクはとらず査定額が下がってしまうというケースがあります。

 

ディーラー下取りには、出張査定サービスがないの?

ディーラーの下取りにも出張査定を行っている会社もあります。

新車ディーラーといってもそれぞれの店舗で中古車の買取をしている店舗もあればそうではない店舗もありますし、

下取りを強化している会社もあればそうでない店舗もあります。

店舗ごとによって異なりますのでそれぞれの店舗に確認をしてみましょう。

 

ディーラー下取りでの売却代金は、自由に使えるお金ではないの?

ディーラー下取りで得ることができる代金は、当然、次の新しい車の購入代金の一部にあてられるため、現金を受け取るわけではありません。

購入資金が増えることで、お得であることには変わりありませんが、まったく自由に使えるお金ではありません。

その点、買取専門店へ売却することで得られる代金は、現金で振り込まれるため基本的にはユーザーが自由に使い道を決めることができます。

 

ディーラー下取りは お得?買取専門店と比較

それでは、総合的にまとめると車買取店に車を売却する場合とディーラーに下取りをしてもらう場合とどちらがお得なのでしょうか?

 

ディーラー下取りと買取専門店はどっちがメリットあるの?

まず、ディーラーの下取りでのメリットは手間がかからないことと信用があることとお伝えをしました。

車買取店のメリットとしては、査定額がディーラーより高くなると言うことをお伝えをしました。

まとめてみると、どちらがいいのかはそれぞれのニーズによって異なるものなのかもしれません。

例えば、高級車の売却をする人にとっては、車買取専門店の方がメリットが大きいように思います。

なぜならば、高級車の場合は車買取店とディーラーの査定額の差額が、1,000,000円や2,000,000円などの高額になるケースが考えられるからです。

その一方で価格が安い車などの場合は、ディーラーと車買取店の査定額がほとんど差額がないケースも考えられますよね。

その場合は、ディーラーなどの下取りに出す方が手間がかからず楽であると言うことも言えるのではないでしょうか。

 

車買取・査定 豆知識へ

関連記事一覧